暴露療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

暴露療法(ばくろりょうほう、Exposure therapy、エクスポージャー法)とは、不安障害に用いられる行動療法の技法である。この技法では、不安や苦痛を克服するため、患者が恐怖を抱いている物や状況に対して危険を伴うことなく直面させることとなる[1][2]

その技法は、オペラント条件づけにおける消去とほぼ同じである[3][4]全般性不安障害社会不安障害強迫性障害PTSD、特定の恐怖症などの障害の治療について、さまざまな研究においてその有効性が裏付けれらている[5]

また曝露反応妨害法(Exposure and response prevention, ERP, EX/RP)とは、暴露療法と認知行動療法(CBT)の組み合わせであり、患者を怖れに直面化させ、逃避行動を取らせないものである[6]アメリカ精神医学会(APA)は強迫性障害(OCD)の治療に対して、ERPの経験が豊富な支援者によるERPを推奨している[7]

曝露反応妨害法では、治療者や支援者のサポートのもと、患者が不安感・恐怖感を抱いている場所・状況・物に身を置いたり接したりしつつ(曝露)、その場所・状況・物からの回避行動や安全確保行動もしくは強迫行為をしないことで(反応妨害)、「回避行動・安全確保行動・強迫行為をしなくても、実際には不安や恐怖に思っていたことが起きない・実際には全然大丈夫であるということ(不安感・恐怖感と現実・事実との間のずれへの気づき)」や「はじめは強かった不安感・恐怖感が、回避行動・安全確保行動・強迫行為をしなくても時間の経過とともに低減していくということ(セッション内馴化)」、「曝露と反応妨害というセットを繰り返し行っていくにつれて、徐々に場所・状況・物への不安感・恐怖感が低減していくということ(セッション間馴化)」を身をもって学び、望ましい認知・行動の習得と不安感・恐怖感の緩和が図られる[8][9]。また、曝露を実施する際はほとんどの場合、場所・状況・物を不安感・恐怖感が弱いものから強いものへと段階的に配列した不安階層表を作成し、患者が実行しやすいように不安感・恐怖感が比較的弱いものから順に曝露を実施するという方法がとられる[9]。さらに、患者が曝露を行う際、治療者や支援者が付き添ってサポートをすることでより高い治療効果が得られる[10]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ Myers & Davis 2007, pp. 141–2
  2. ^ Joseph, J.S.; Gray, M.J. (2008). “Exposure Therapy for Posttraumatic Stress Disorder”. Journal of Behavior Analysis of Offender and Victim: Treatment and Prevention 1 (4): 69–80. doi:10.1037/h0100457. 
  3. ^ Marks, I. (1979). “Exposure therapy for phobias and obsessive-compulsive disorders”. Hosp Pract 14 (2): 101–8. PMID 34562. 
  4. ^ Myers, K.M.; Davis, M. (2007). “Mechanisms of Fear Extinction”. Molecular Psychiatry 12 (2): 120–50. doi:10.1038/sj.mp.4001939. PMID 17160066. http://www.nature.com/mp/journal/v12/n2/full/4001939a.html. 
  5. ^ Huppert; Roth (2003). “Treating Obsessive–Compulsive Disorder with Exposure and Response Prevention” (PDF). The Behavior Analyst Today 4 (1): 66–70. オリジナルの2012年10月30日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121030031910/http://www.baojournal.com/BAT%20Journal/VOL-4/BAT-4-1.pdf. 
  6. ^ Abramowitz, Jonathan S.; Deacon, Brett J.; Whiteside, Stephen P. H. (2011-03-14). Exposure Therapy for Anxiety: Principles and Practice. Guilford Press. ISBN 9781609180171. https://books.google.com/books?id=pnoznH2c7esC. 
  7. ^ Koran, LM; Hanna, GL; Hollander, E; Nestadt, G; Simpson, HB; American Psychiatric, Association. (July 2007). “Practice guideline for the treatment of patients with obsessive-compulsive disorder.”. The American journal of psychiatry 164 (7 Suppl): 5–53. PMID 17849776. http://psychiatryonline.org/pb/assets/raw/sitewide/practice_guidelines/guidelines/ocd.pdf. 
  8. ^ 金井喜宏 (2015).社交不安症の認知・行動療法―最近の研究動向からその本質を探る―.不安症研究,7,40-51.
  9. ^ a b 坂野 雄二・丹野 義彦・杉浦 義典(編) (2006).不安障害の臨床心理学 東京大学出版会
  10. ^ Gloster, A.T., Wittchen, H. U., Einsle, F., Lang, T., Helbig-Lang, S., Fydrich, T., Fehm, L., Hamm, A. O., Richter, J., Alpers, G. W., Gerlach, A. L., Ströhle, A., Kircher, T., Deckert, J., Zwanzger, P., Höfler, M. & Arolt, V. (2011). Psychological treatment for panic disorder with agoraphobia: a randomized controlled trial to examine the role of therapist-guided exposure in situ in CBT. Journal of Consulting and Clinical Psychology, 79, 406-420.

関連項目[ソースを編集]