催眠療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
催眠 > 催眠療法
心理療法 > 催眠療法
催眠療法
治療法
ICD-10-PCS GZF
ICD-9-CM 94.32

催眠療法(さいみんりょうほう、英語: hypnotherapy)とは、催眠を用いる補完・代替医療の一種である。被暗示性高進を中心に、催眠現象が持つ様々な生理的・心理的特性を利用し、多様な治療が行われる[1]。心身の回復、同化の促進、緊張の解放、不安感情の低下などが期待され、心理的興奮やストレスが関わる心身症、身体疾患や医学的処置の苦痛など精神科リエゾンの領域でも利用される[1]。自己洞察や行動変容の促進にも用いられる[1]

様々な用途に用いられているが、研究の品質は低く、有効性を判断することが難しい[2]。近年のいくつかのメタアナリシスシステマティックレビューによると、有効性は確認されていない、証拠がない、または証拠不十分である[3][4][5][6][7]

催眠療法家の資格[編集]

欧米、日本では国家資格はない。欧米では、催眠療法家が協会を結成し、催眠療法士 (hypnotherapist) を認定する仕組みが一般的である。

最も歴史があり世界的にも最大の規模を誇る米国催眠士協会 (National Guild of Hypnotists, NGH)、アメリカでは米国催眠士協会に続く規模の米国催眠療法協会 (American Board of Hypnotherapy, ABH)、国際催眠連盟 (International Hypnosis Federation) などがある。

日本では、日本催眠医学心理学会認定の「催眠技能士」等の民間資格がある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『最新 医学大辞典 第3版』医歯薬出版、2005年、p679
  2. ^ Webb AN, Kukuruzovic R, Catto-Smith AG, Sawyer SM. Hypnotherapy for treatment of irritable bowel syndrome" Cochrane Database of Systematic Reviews 2007, Issue 4. Art. No.: CD005110. doi:10.1002/14651858.CD005110.pub2
  3. ^ Flammer; Bongartz (2003年). “On the efficacy of hypnosis: a meta-analytic study.”. Contemporary Hypnosis: 179–197. オリジナルの22 February 2016時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160222004606/http://www.hypnose-kikh.de/content/Metaanalyse-Flammer-2004.pdf. 
  4. ^ Abbot NC, Stead LF, White AR, Barnes J. Hypnotherapy for smoking cessation" Cochrane Database of Systematic Reviews 2005, Issue 1. Art. No.: CD001008. doi:10.1002/14651858.CD001008
  5. ^ Sado, M.; Ota, E.; Stickley, A.; Mori, R. (2012年). Sado, Mitsuhiro. ed. “Hypnosis during pregnancy, childbirth, and the postnatal period for preventing postnatal depression”. The Cochrane Library 6: CD009062. doi:10.1002/14651858.CD009062.pub2. PMID 22696381. 
  6. ^ Pelissolo, A (2016年). “[Hypnosis for anxiety and phobic disorders: A review of clinical studies]”. Presse Med 45 (3): 284–90. doi:10.1016/j.lpm.2015.12.002. PMID 26944812. 
  7. ^ Jones, L.; Othman, M.; Dowswell, T.; Alfirevic, Z.; Gates, S.; Newburn, M.; Jordan, S.; Lavender, T. et al. (2012年). Neilson, James P. ed. “Pain management for women in labour: an overview of systematic reviews”. The Cochrane Library 3: CD009234. doi:10.1002/14651858.CD009234.pub2. PMID 22419342. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]