風景構成法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

風景構成法(ふうけいこうせいほう、: Landscape Montage Technique ; LMT)は、中井久夫によって1969年に創案された、絵画療法芸術療法)の技法の一つである[1]

概説[編集]

風景構成法は箱庭療法に比べ侵襲が少ない。写真は箱庭療法における砂遊びの一例

風景構成法は、統合失調症患者への描画を介した治療的接近の可能性、適用性の追求というきわめて実践的な見地から、中井久夫によって1969年に創案され、1970年に報告された絵画療法芸術療法)の一技法である[1]

日本において広く普及し、ドイツインドネシアアメリカ合衆国においても知られる。箱庭療法なぐり描き法の示唆を受けて中井が草案したものであるが、市橋秀夫[2][3]中里均らにより採り上げられ、理論的にも分析された[4]。その後は日本の臨床場面において特に山中康裕皆藤章らが中心となって研究が続けられている。

中井は1970年頃に東京で開かれた、第一回芸術療法研究会において、河合隼雄箱庭療法に関する講演から多くの示唆を受けたという。河合は統合失調症患者の箱庭を示して、『彼らは枠の中に柵を置いて囲んでから、ものを置く』『彼らの世界は、この柵の外側の狭い空白の部分かもしれませんね』という言葉から、『箱の枠だけでは保護が足りないのではないか』と気がついたという。後に中井は、画用紙に治療者自らが枠を描き入れることで、安全保障感と保護を与える『枠付け法』を生み出した[4]

風景構成法はロールシャッハテストのような投影的表象を解釈するものとは対照的なアプローチであり、枠組みの中で構造化された空間に対し、統合的指向性をもって表現される構成的表象を読み取る技法である。またその彩色の過程は投影的表象を表現している。投影的方法と構成的方法は補完的に機能し、相互から有用な知見を読み取ることができる[4]

方法[編集]

まず治療者が患者の前で画用紙の四周をサインペンで枠取りし、その画用紙とサインペンを手渡す。インストラクションとして、画の上手下手をみるのではないこと、患者自身の風景なので、どのような風景が出来てもよいことを伝える。その後以下の順序で一つ一つ描いてもらう。


風景構成法の描画手順
手順 分類 与えるアイテム
第一ステップ 大景群 』→『』→『』→『
第二ステップ 中景群 』→『』→『
第三ステップ その他のアイテム 』→『動物』→『とかのようなもの』→『足りないと思うもの、描き足したいと思うもの』
中井久夫「風景構成法と私」、『山中康裕(編):中井久夫著作集 別巻1 H・NAKAI 風景構成法』、岩崎学術出版社、東京、1984年11月、 261-271頁。 を元に作成


終了時には『これでよいでしょうか』と確認し、OKであればクレヨンを渡して彩色してもらい、完成となる[4]

読み方[編集]

読み方は基準化されていないが、概ね箱庭の読み方に準ずる。

所要時間[編集]

全体に要する時間は概ね15〜25分位である。30分以内を目安にしてもよい。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 皆藤章 (1994) p.3
  2. ^ 市橋秀夫「慢性分裂病者の存在様式と絵画表現」、『芸術療法』第3巻、1971年、 53-59頁。
  3. ^ 市橋秀夫「慢性分裂病者の体験構造と描画様式」、『芸術療法』第4巻、1972年、 27-36頁。
  4. ^ a b c d 中井久夫「風景構成法と私」、『山中康裕(編):中井久夫著作集 別巻1 H・NAKAI 風景構成法』、岩崎学術出版社、東京、1984年11月、 261-271頁。

参考文献[編集]

関連人物[編集]

関連項目[編集]