市橋秀夫 (精神科医)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
市橋 秀夫
(いちはし ひでお)
生誕 市橋 秀夫
(いちはし ひでお)
1943年生まれ
日本の旗 日本東京都葛飾区柴又
居住 日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
研究分野 精神医学
精神病理学
児童精神医学
精神薬理学
行動生物学
精神療法
研究機関 東京医科歯科大学医学部
東京都精神医学総合研究所
福島大学教育学部
福島大学大学院教育学研究科
出身校 東京医科歯科大学医学部医学科
医学博士東京医科歯科大学1980年
主な受賞歴 島崎・島薗学術賞1986年
プロジェクト:人物伝

市橋 秀夫(いちはし ひでお、1943年昭和18年) - )は、日本医学者精神科医。専門は精神病理学児童精神医学精神療法[1][2]。元福島大学教授医学博士[3]統合失調症パーソナリティ障害の臨床と研究で知られる。その臨床経験から精神療法家として知られており、著書も多い。

来歴[編集]

市橋クリニック院長。精神保健指定医精神科専門医指導医精神科治療学編集顧問[5][1]

人物[編集]

1989年には境界性パーソナリティ障害(BPD)患者が引き起こす操作性に対して、医療機関が対応する際の指針を簡潔に提示した『ボーダーラインシフト(BLS)』を提唱し[6]、後の精神科医療におけるBPD対応の標準化に多大な影響を与えた[7][8][9][10][11]。また、精神療法スーパービジョン等を通じて、長年に渡り専門医の教育に力を注いでいる[12]パーソナリティ障害臨床の第一人者である[13]。著書は専門書多数。

受賞歴[編集]

学会[編集]

これまでの主な学術活動[14]
学職
先代:
山田和夫

第13回:2013年2月17日
東京医科歯科大学

日本外来臨床精神医学会会長
第14回:2014年2月16日
東京医科歯科大学
次代:
市川光洋

第15回:2015年
東京医科歯科大学

先代:
澤温

第3回:2003年7月19日 - 2003年7月20日
ホテルオオサカサンパレス

日本外来精神医療学会会長
第4回:2004年7月17日 - 2004年7月18日
ホテルメトロポリタン
次代:
山口直彦

第5回:2005年7月23日 - 2005年7月24日
神戸国際会議場

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

監修[編集]

一部監修[編集]

編著[編集]

共編[編集]

共編著[編集]

分担執筆[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]

図書

  • 市橋秀夫「境界人格障害の治療」、『日本精神病院協会雑誌』第8巻第12号、1989年、 1118-1125頁。
  • 市橋秀夫 『心の地図〈下〉—こころの障害を理解する』 星和書店、1997年ISBN 9784791103560
  • 市橋秀夫「戦後60年の価値観の変化と青年の変貌」、『外来精神医療』第4巻第1号、2004年、 7-13頁。
  • 市橋秀夫 『ダイエット依存症を乗りこえる!正しい治し方と知識』 日東書院本社、2012年ISBN 9784528016996
  • 井原裕「都市型臨床の時代(1) 治療文化のフロンティア」、『こころの科学』第129号、2006年、 94-100頁。
  • 上島国利、大平健、市橋秀夫、福島章「現代日本人の心性と社会的異常現象をどうみるか」、『日本医師会雑誌』第119巻第9号、1998年、 1355-1370頁。
  • 河野伸子「精神障害を持つ人の看護 ボーダーラインシフト」、『萱間真美(編):精神科看護実習ガイド パーフェクト臨床実習ガイド』、照林社、2007年、 179-180頁。
  • 中井優子、青木恵美、幸田恵、山本玲華、高田章代、山岡由紀子「人格に課題を有するPTSD患者にボーダーラインシフトを試みて 急性期病棟での実践の考察」、『日本精神科看護学会誌』第48巻第1号、2005年、 198-199頁。
  • 那須誠二、穴田幸一、藤野弘樹、瀬尾美香、山田久子「境界例患者への対応 ボーダーラインシフトの実施」、『日精看四国地区看護研究論文集録』第6号、2002年、 69-72頁。
  • 村上靖彦、永田俊彦、市橋秀夫、中安信夫 『座談 精神科臨床の考え方—危機を乗り越えるべく』 メディカルレビュー社、2005年ISBN 9784896008265
  • 山内昭雄、今忠、青野牧子、大場奏子、仲田洋子、三島節子、横井妙 『こころの辞典』 丸善出版、1997年ISBN 9784621043660
  • 山本愛子、渡辺由美子、林芳弘、他スタッフ一同「境界性人格障害患者の退院までのプロセス—家族との関わりとボーダーライン・シフトの有効性—」、『日本精神科看護学会誌』第21巻、1996年、 105-107頁。

Web

関連人物[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公式
記事