上島国利

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
上島 国利
(かみじま くにとし)
生誕 上島 国利
(かみじま くにとし)
(1940-08-31) 1940年8月31日(77歳)
日本の旗 日本東京
居住 日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
研究分野 精神医学
精神薬理学
研究機関 慶應義塾大学医学部
杏林大学医学部
昭和大学医学部
国際医療福祉大学医療福祉学部
出身校 慶應義塾大学医学部医学科
慶應義塾大学大学院医学研究科
医学博士慶應義塾大学1970年
プロジェクト:人物伝

上島 国利(かみじま くにとし、1940年8月31日[1] - )は、日本医学者精神科医。専門は精神薬理学国際医療福祉大学教授。元杏林大学医学部教授。元昭和大学医学部教授医学博士[2][3]

来歴[編集]

人物[編集]

精神科臨床一般、とくにうつ病パニック障害、薬の副作用などの臨床精神薬理学を専門とする。日本うつ病学会を設立した。

学会[編集]

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

編著[編集]

監修[編集]

翻訳[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.364
  2. ^ a b 上島国利 『図解決定版 強迫性障害を乗りこえる!最新治療と正しい知識』 日東書院本社、2011年5月。ISBN 9784528012455
  3. ^ a b 上島国利. “脳由来細胞株の移植性とその腫瘍形成能について”. 国立国会図書館. 2013年11月30日閲覧。
  4. ^ ドクターズガイド - 上島国利医師”. 2013年11月30日閲覧。

関連人物[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]