分裂病の精神病理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
分裂病の精神病理
分裂病の精神病理と治療
著者 土居健郎笠原嘉安永浩宮本忠雄木村敏中井久夫村上靖彦永田俊彦市橋秀夫中安信夫
発行日 日本の旗 日本
分裂病の精神病理
1972年11月1987年12月
分裂病の精神病理と治療
1988年12月1997年9月
発行元 日本の旗 日本
東京大学出版会
星和書店
ジャンル 精神医学
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 上製本
公式サイト 東京大学出版会
星和書店
Portal.svg ウィキポータル 医学と医療
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

分裂病の精神病理』(ぶんれつびょうのせいしんびょうり)は、日本精神科医である土居健郎が中心となり、1972年に気鋭の精神医学者達が統合失調症に関するワークショップを行い、その成果を一冊の本にまとめたものである。当初は一回きりの試みとして行われたが、結果として大きな成功を収め、以後16年間続くシリーズとなった[1]。17年目には出版を東京大学出版会から星和書店が引き継ぎ、書名を『分裂病の精神病理と治療』へと改め、計8巻を発行している。1972年1997年へと四半世紀(足かけ26年)に渡り計24巻を発行する長大なシリーズである。

概説[編集]

統合失調症の研究書[編集]

1960年代は反体制の大学闘争の時代であり、ようやく組織化された精神病理学会は数年で潰れてしまった。精神病理学者中井久夫は、「当時は、分裂病の研究そのものが悪であるかどうかという議論もあって、かなり緊張した雰囲気のなかで分裂病の病理研究がスタートした」と述べている[2]。反精神医学の嵐が吹き荒れ、「分裂病は社会的レッテルに過ぎない」という極端な主張もあり、本シリーズの研究者にはあからさまな脅迫すら行われていた[3]。しかし圧力に屈せず研究は継続され、1972年東京大学出版会より出版された「分裂病の精神病理1」を皮切りに、「分裂病の精神病理」シリーズが刊行されることとなった。 土居健郎笠原嘉安永浩宮本忠雄木村敏中井久夫など名だたる精神医学者達が旅館で合宿を行い、各自の発表をもとに互いに真剣な議論が交わされ、その成果がこの研究書に結実したのである。後半には次代の精神病理学を形づくった村上靖彦永田俊彦市橋秀夫中安信夫らが加わっている。本シリーズは精神医学の分野だけでなく、哲学をはじめとした人文科学の分野にも大きな影響を与えた[4]

学会への発展と本シリーズの意義[編集]

土居は本書について、「この会合をいつまで続けるかについては初めから問題があった。それは一つにこれがクローズドの会合であったからだ」と述べており[5]、より開かれた学会を求める声も上がった。1980年には専門誌「臨床精神病理」が発刊され、1988年日本精神病理学会」が発足した。それに伴い東京大学出版会からの本シリーズは1987年で終了となった。しかし、1988年以降は星和書店が出版を引き継ぎ、書名を「分裂病の精神病理と治療」へと改め、1997年の第8巻まで刊行されている。中井は本書について、「このシリーズも八巻を経て回顧すれば、時代の所産の感を強くする。このような長さの、しかも一部は連作がものされ、しかもそのスタイルもしばしば「標準」の形式から大きく外れており、またかなりの部分が精神病院をはじめ大学外から汲まれている。このことは十九世紀後半以前を知らずに発足したわが国精神医学をひそかに補完する面がありはしないか。」[6]とその意義について述べている。

精神医学の古典として[編集]

分裂病の精神病理シリーズは、精神病理学の知的可能性をまざまざと見せつけ、精神医学から統合失調症へのアプローチの古典として不朽の金字塔を打ち立てた[7]。本書によって統合失調症という世界の奥行きの深さを知り、精神病理学という学問に目を開かれた人は多い[8]。本書は現代において今なお広く読み継がれている。

書籍一覧[編集]

分裂病の精神病理[編集]

分裂病の精神病理と治療[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 井原裕 (2006) p.255
  2. ^ 斎藤環、中井久夫、浅田彰「〈対談〉トラウマと乖離」、『批評空間』第3巻第1号、2001年、 53-83頁。
  3. ^ 井原裕 (2006) p.258
  4. ^ 加藤敏 (2013) p.258
  5. ^ 土居健郎(編) 『分裂病の精神病理16』 東京大学出版会1987年ISBN 9784130610964
  6. ^ 中井久夫「はじめに」、『中井久夫(編):分裂病の精神病理8』、東京大学出版会、1979年、 1頁。
  7. ^ 井原裕 (2006) p.256, p.259
  8. ^ 丹野義彦. “臨床現場で真に役立つ新しい臨床心理学を”. 東京大学出版会. 2013年6月29日閲覧。

参考文献[編集]

  • 井原裕 『精神科医島崎敏樹—人間の学の誕生』 東信堂2006年ISBN 9784887137172
  • 松下正明(編) 『精神医学エッセンシャル・コーパス2 日本の名著論文選集 精神医学を知る』 中山書店2013年ISBN 9784521736969

関連人物[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]