アーヴィン・D・ヤーロム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アーヴィン・D・ヤーロム(: Irvin D. Yalom1931年6月13日 - )は、アメリカ合衆国医学者精神科医。専門は実存療法、集団精神療法。スタンフォード大学精神医学名誉教授フィクション及びノンフィクション作家としても知られる。

ワシントンD.C.に生まれる[1]。両親はポーランド出身のロシアからのユダヤ人移民。

著作[編集]

小説[編集]

  • Every Day Gets a Little Closer 1974年
  • Love´s Executioner and Other Tales of Psychotherapy 1989年
  • When Nietzsche Wept 1992年
  • Lying on the Couch 1996年
  • Yalom Reader 1996年
  • Momma and the Meaning of Life 1999年
  • The Schopenhauer Cure 2005年
  • I´m calling the police! A Tale of Regression and Recovery 2005年
  • The Spinoza Problem 2012年

理論書[編集]

  • The Theory and Practice of Group Psychotherapy 1970年
    • 『ヤーロム グループサイコセラピー 理論と実践』中久喜雅文、川室優共監訳 西村書店、2012年
  • Existential Psychotherapy 1980年
  • Inpatient Group Psychotherapy 1983年
  • Concise Guide to Group Psychotherapy ソフィア・ヴィノグラードフ共著 1989年
    • 『グループ・サイコセラピー ヤーロムの集団精神療法の手引き』 川室優金剛出版、1991年 新装版、1997年
  • The Gift of Therapy: An Open Letter to a New Generation of Therapists and Their Patients 2001年
    • 『ヤーロムの心理療法講義 カウンセリングの心を学ぶ85講』 岩田真理白揚社、2007年
  • Staring at the Sun: Overcoming the Terror of Death 2008年

脚注[編集]

  1. ^ Irvin D. Yalom MD: Autobiographical Note

関連項目[編集]

外部リンク[編集]