現実療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
現実療法
治療法
MeSH D011937

現実療法(げんじつりょうほう、: Reality therapy ; RT)は、心理療法とカウンセリングに対するアプローチの一つである。1960年代にウィリアム・グラッサーにより創始され、従来の精神医学、精神分析や医療モデルの心理療法学派とは異なっている。現実療法においては、精神分析療法のように過去に起こった出来事の重要性を強調するのではなく、現在に焦点を合わせたアプローチをする[1]

脚注[編集]

  1. ^ Glasser, William (1965). Reality therapy. A new approach to psychiatry. New York: Harper & Row. 

関連人物[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]