機能の全体的評定尺度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

機能の全体的評定尺度(きのうのぜんたいてきひょうていしやくと、Global Assessment of Functioning、GAF)とは、精神保健従事者や医師が、成人の社会的・職業的・心理的機能を評価するのに用いられている1~100の数値スケールである。GAFはDSM-IV-TRの33ページに記載され、その数値には幅がある。

DSM-5においてはGAFスコアはもはや用いられず、代わりにWHO Disability Assessment Schedule (WHODAS) を提案している。

GAFスケール[編集]

数値が大きいほど健康である。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]