HTC Vive

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
HTC Vive
Vive pre.jpeg
HTC ViveのHMDと2機のワイヤレスコントローラ、2機のベースステーション
種類 ヘッドマウントディスプレイ
発売日 2016年4月5日
製造者 HTCValve Corporation共同開発)
ディスプレイ OLED
解像度 2160x1200[1]
(片目1080x1200)
リフレッシュレート 90 Hz[1]
視野角 約110度[2]
トラッキングシステム Lighthouse(2基のベースステーションからのIRレーザー)
入力 Video/data/bluetooth
重量 555 g
プラットフォーム/OS SteamVR[3]
(Microsoft Windows)
接続 1x HDMI 1.4 / DisplayPort 1.2 / 1x USB 2.0
ウェブサイト 公式ウェブサイト,
SteamVRウェブサイト
発売価格 $799
サウンド
コントローラ SteamVRワイヤレスモーショントラックコントローラ
カメラ 周囲の現実世界を確認するためのフロントカメラ

HTC Vive は、HTCValve Corporationにより共同開発されたバーチャルリアリティ向けヘッドマウントディスプレイ (VR HMD)。2016年4月5日に発売された。

HTC Viveは既存のVR HMDとは異なりセンサーにより部屋そのものを3D空間へと取り込む"ルームスケール"を目指して開発されており、ユーザーを仮想世界に自然に触れさせるとともに、周囲を歩き回ったり、手の動きを表現可能なコントローラーによりオブジェクトを操作したりして、没入感を高めた経験を提供する。[4]

HTC Viveの存在は2015年3月のモバイルワールドコングレスのHTCのキーノートで明らかにされた。HTC Viveは2016年のCESにおいてbest of CESを含む22の賞を獲得した。

開発[編集]

ValveによるVRシステムのプロトタイプが公開されたのは2014年のことである。2015年2月23日、ValveはGame Developers Conferenceにおいて"SteamVR hardware system"を公表した。[5][6][7] HTCがこの製品を公式に発表したのは、2015年3月1日のモバイルワールドコングレスにおける同社のキーノートにおいてであった。[4] 事前予約は2016年2月29日の10:00 (EST) より開始された。[8] ValveとHTCは、同社が認めた開発者にはViveを無料で提供することをアナウンスした。[9]

2016年のコンシューマー・エレクトロニクス・ショーでは、HTCとValveは製品版に近いHTC Vive Preと呼ばれるリヴィジョンのハードウェアを公開した。[10]

SteamVRは、Unityに対してネイティブサポートを進めている。[11]

技術的特徴[編集]

Viveはリフレッシュレート90 Hzで、解像度が1080x1200のディスプレイを両目用に2枚備えている。[12] ViveはMEMSジャイロスコープ加速度計、レーザーポジションセンサーなど70以上のセンサーを装備しており、2基の"Lighthouse"ベースステーションを用いれば、15 x 15フィート (4.6 x 4.6 m) の範囲のユーザーの動きをサブミリレベルの正確さで捉えることができる。[13] "Lighthouse"システムはAlan Yatesにより設計されたもので、単純な光検出器を用いているが、2基のベースステーションから検知を行うことで精密な動作を実現している。[14]

HMD前面に取りつけられたカメラは、ソフトウェアに現実の部屋の物体を検知させるもので、"Chaperone"セーフティーシステムの一部として、これによりユーザーの衝突を防ぐなどの安全管理を行っている。[10][15]

必要動作環境[編集]

  • GPU: NVIDIA GeForce® GTX 970 / AMD Radeon™ R9 290 の同等品またはそれ以上
  • CPU: Intel i5-4590 / AMD FX 8350 の同等品以上
  • メモリ: 4GB 以上
  • 映像出力: HDMI 1.4 または DisplayPort 1.2 以降
  • USBポート: 1x USB 2.0 以上
  • OS: Windows® 7 SP1、Windows® 8.1 以降、Windows® 10[16]

ゲーム[編集]

2016年2月29日の事前予約開始時点で、107本のゲームがVR対応を果たしている。[17]

医療用途[編集]

人工関節の手術を行った患者向けにHTC Viveを利用してリハビリ支援を行う取り組みがある[18]

脚注[編集]

  1. ^ a b HTC Re Vive”. 2016年7月10日閲覧。
  2. ^ Advanced VR Rendering, Alex Vlachos, Valve”. 2016年7月10日閲覧。
  3. ^ Can I use Vive with a Mac”. HTC Vive. 2016年5月20日閲覧。
  4. ^ a b Valve's VR headset is called the Vive and it's made by HTC”. The Verge. 2015年3月1日閲覧。
  5. ^ Valve is making a VR headset and its own Steam Machine”. Engadget. 2015年3月1日閲覧。
  6. ^ Valve showing off new virtual reality hardware and updated Steam controller next week”. The Verge. 2015年3月1日閲覧。
  7. ^ Valve's VR headset revealed with Oculus-like features”. The Verge. 2015年3月1日閲覧。
  8. ^ HTC Vive pre-orders to start on February 29”. Telegraph.co.uk. 2016年1月22日閲覧。
  9. ^ Valve, HTC Offering Free Vive VR to Developers”. The Verge. 2015年4月6日閲覧。
  10. ^ a b HTC Vive Pre impressions: A great VR system has only gotten better”. Ars Technica. 2016年1月28日閲覧。
  11. ^ Valve Is Bringing Native Unity Support To SteamVR”. uploadvr. 2016年2月11日閲覧。
  12. ^ Valve and HTC reveal Vive VR headset”. GameSpot. 2015年3月1日閲覧。
  13. ^ HTC reveals virtual reality headset with Valve at MWC”. bbc.co.uk. BBC. 2015年3月2日閲覧。
  14. ^ This Is How Valve’s Amazing Lighthouse Tracking Technology Works”. Gizmodo. 2015年7月2日閲覧。
  15. ^ HTC: Why Vive Will Beat Oculus VR at Its Own Game”. Tom's Guide. 2015年7月18日閲覧。
  16. ^ Support - FAQS - What are the recommended system requirements?”. HTCVive.com. 2016年6月20日閲覧。
  17. ^ Stead, Chris (2015年3月29日). “107 games revealed ahead of HTC Vive pre-order launch”. Finder. http://www.finder.com.au/gaming/complete-list-of-htc-vive-vr-games/ 2016年2月29日閲覧。 
  18. ^ VRを使用したリハビリの臨床データの取得開始 アイデアクラウドと苑田会人工関節センター病院の取り組み”. Social Game Info (2017年1月19日). 2017年11月11日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]