Sega VR

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Sega VR
開発元 SEGA
種別 ヘッドマウントディスプレイ
発売日 未発売
関連商品 VR-1

Sega VRとはかつてセガが開発していたヘッドマウントディスプレイを使用する仮想現実システム。

概要[編集]

1993年にコンシューマー・エレクトロニクス・ショーコンシューマーゲーム機用のヘッドマウントディスプレイと仮想現実システムとして発表された[1][2]。当時のポピュラーサイエンス誌の表紙を飾るなど、仮想現実の実用化の到来を予期させるものだった[3]

実機試験が繰り返され、商品化されつつあったものの、健康に与える影響が懸念され、市販には至らなかった[1]

当時は技術水準(特にコンピュータの処理能力、トラッキングセンサーの性能)が現在の視点から見れば仮想現実を実現するためには不十分だったものの、バーチャルボーイのように主にゲーム機をはじめとしてアーケードゲームVirtuality等、各方面で開発が試みられた時代背景がある[2]

また1994年には並行して開発が進められていたVRアトラクション「VR-1 スペースミッション」がジョイポリス横浜)に導入された[4]。それらの経験はのちのZERO LATENCY VRやライド型アトラクション・ワイルドツアーシリーズの運営に活用される[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b 幻の「Sega VR」が発売できなかった理由、当時の関係者が明かす” (2016年7月6日). 2016年12月26日閲覧。
  2. ^ a b PSVRを機に振り返るVR・立体視ゲームの歴史(その2)”. 2016年12月26日閲覧。
  3. ^ ポピュラーサイエンス (Bonnier Corporation) 242 (6): 82-86. (1993年6月号). ISSN 0161-7370. 
  4. ^ a b 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた” (2016年7月6日). 2016年12月26日閲覧。

関連項目[編集]