ダイノバイザー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ダイノバイザー
開発元 タカラ
種別 仮想現実ヘッドマウントディスプレイ
発売日 1996年
ディスプレイ 18万画素

ダイノバイザー(Dynovisor)は1990年代にタカラから販売されていたヘッドマウントディスプレイ(HMD)である。

概要[編集]

1996年の秋にタカラから38,800円で発売された。3m先に120インチの画面を体感できるというキャッチフレーズで当時としてはカラー表示のできるHMDとしては画期的な値段だったが、18万画素の1枚の液晶を両目で見るため画質が十分ではなく、普及には至らなかった[1]。また、前年にバーチャルボーイが発売されていたことにより、既に目新しさが薄れていたとする意見もある。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ タカラ ダイノバイザー” (2000年5月1日). 2016年11月29日閲覧。