テレイグジスタンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

テレイグジスタンス: Telexistence遠隔臨場感遠隔存在感[1]とは、バーチャルリアリティの一分野であり、遠隔地にある物(あるいは人)があたかも近くにあるかのように感じながら、操作などをリアルタイムに行う環境を構築する技術およびその体系のことで,慶應義塾大学 大学院メディアデザイン研究科の舘暲教授によって1984年に初めて紹介された[2]。テレイグジスタンスのスペルは、現在は telexistence が用いられる。テレプレゼンスとも、サロゲートとも言われる。

実際には、遠隔ロボットのセンサ情報をオペレータが受けながら、このロボットを制御することにより、遠隔におけるタスクを実行する遠隔操作システムの形式をとる。作業する対象がバーチャルな世界であるようなテレイグジスタンスも考えられる。

この技術を応用し、人間が行く事が困難な場所での危険作業が出来るものとして期待されている。

さらには火星、金星開発も人間が直接行って開発するのではなく、地球にいながらテレイグジスタンスの技術を使って開発する事が可能であると考えられている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ S. Tachi, Telexistence, World Scientific Publishing Company, ISBN 978-9812836335, 2009
  2. ^ S. Tachi, K. Tanie, K. Komoriya and M. Kaneko, Tele-existence (I): Design and Evaluation of a Visual Display with Sensation of Presence, RoManSy 84 The Fifth CISM-IFToMM Symposium. 1984: 206–215.

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]