OpenXR

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
OpenXR
開発元 クロノス・グループ
最新評価版 0.90 provisional release / 2019年3月18日(8か月前) (2019-03-18
種別 バーチャルリアリティ拡張現実API
公式サイト www.khronos.org/openxr/
テンプレートを表示

OpenXR(オープンエックスアール)は、バーチャルリアリティおよび拡張現実プラットフォームおよびデバイスへのアクセスに関するオープンでロイヤリティフリーの規格である。クロノス・グループ コンソーシアムによって管理されているワーキンググループによって開発されている。OpenXRは2017年2月27日のGame Developers Conference 2017にて発表された[1]。規格の暫定版は2019年3月18日にリリースされ、開発者と実装者がそれに関するフィードバックを送ることができる。

構成[編集]

この規格は、最終的に2つのコンポーネントを提供することを目的としている。アプリケーション開発者を対象としたAPIと、 仮想現実または拡張現実ハードウェアを対象としたデバイス層です。 0.90暫定リリースにはAPIのみが含まれていて、デバイス層は1.0以降のリリースのプラグインインタフェースとして計画されていた。 [2][3]

ロードマップ[編集]

2017年3月に、APIの最初のバージョンを2018年後半にリリースする計画が暫定的に発表された。2019年3月にAPI層が暫定版としてリリースされた[4]。デバイスプラグインインターフェース層は2019年後半にリリースが予定されている1.0以降で計画されている。[5][6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ The OpenXR Working Group is Here!”. Khronos Group. 2019年3月25日閲覧。
  2. ^ The OpenXR Working Group is Here!”. Khronos Group. 2019年3月25日閲覧。
  3. ^ OpenXR 0.90 Released For AR/VR Standard - Monado Is An Open-Source Implementation”. Phoronix. 2019年3月27日閲覧。
  4. ^ OpenXR 0.90 is Here!”. Khronos Group. 2019年3月25日閲覧。
  5. ^ The OpenXR Working Group is Here!”. Khronos Group. 2019年3月25日閲覧。
  6. ^ OpenXR 0.90 Released For AR/VR Standard - Monado Is An Open-Source Implementation”. Phoronix. 2019年3月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部サイト[編集]