コンテキストメニュー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
GNOMEにおけるコンテキストメニューの例

コンテキストメニュー: context menu)またはショートカットメニュー: shortcut menu)は、グラフィカルユーザインタフェース内のアイテムをクリックすることでポップアップするメニューであり、その操作や実行中アプリケーションや選択したアイテムのコンテキストによって変化するオプションの一覧を提供する。通常、WindowsMac OS XX Window System を実行する UNIX といったオペレーティングシステムにおけるマウスの右ボタン[1]をクリックすることで呼び出される。ボタンが1つしかないマウスの場合、同時にキーボードを押下することもある(Mac OSでの Control+クリック)。Windowsキーのあるキーボードでは、Windows 用アプリケーションのコンテキストメニューを呼び出すメニューキーも備えている。

歴史[編集]

コンテキストメニューは、1970年代半ばに Alto暫定ダイナブックとして機能させるためのある種のオペレーティングシステムとして開発された Smalltalk 環境における「ポップアップメニュー」とその「オブジェクト指向的」な振る舞いを起源とする。この「暫定ダイナブック環境」では、Alto の3つのボタンマウスのうち2番目のボタンをクリックすると、その操作を「メッセージ」として受け取ったオブジェクトが、自分の役割にふさわしいメニューをポップアップする責務を担っていたため、ユーザーにはコンテキストに応じてメニュー内容が変化するように見えた。なお、同じ Alto を使って開発されてはいても Smalltalk とは系譜が異なり、ゆえにまったく別の操作スタイルを有した Star(1981年リリース)には同種機能はなかった(Star では、マウスは主に対象の選択のみに用いられ、編集操作にはメニューではなく、キーボード上の特殊な機能キーを使用した)。一方で、記述言語である Objective-Cアプリケーションプログラミングインタフェースのみならずユーザー・インターフェイスにおいても Smalltalk の強い影響下にあった NEXTSTEP(1989年公開)には、メインメニューを呼び出す機能などに同様の振る舞いの応用を見て取れた。同様のことは Smalltalk を用いて新しいインターフェイスのプロトタイピングなどが行われた Windows 95(1995年公開)についても言える。

詳細[編集]

コンテキストメニューは階層的に構成されることがある。Microsoft Word は、コンテキストメニュー上の矢印アイコンをクリックした後でのみサブエントリを表示し、さもなくば親エントリに対応した動作をするという方式を採用した、最初のアプリケーションの1つである。これによって同じ操作の繰り返しが素早く行えるようになった。

不適切なコンテキストメニューはかえって使いにくくなるとの指摘もある。例えばアプリケーションによってはコンテキストメニューでしか利用できない機能があるが、経験を積んだユーザーでも混乱してしまうことがある(特に、そのコンテキストメニューがウィンドウ内のごく限られた領域でしか呼び出せない場合)。

ウェブブラウザでは、スクリプト言語によってコンテキストメニューの表示を禁止することができる。

脚注[編集]

  1. ^ マウスが左利き用に設定されていると左側ボタンになる