カスタム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
カスタマイズから転送)
移動先: 案内検索

カスタム(custom)とは、メーカー・販売店によって生産・販売された商品を、自分の趣味に応じて何らかの改造カスタマイズ)する行為、改造された物品[1]。対義語としては、カスタムされていない購入時の仕様のままの物品を「ノーマル」と呼ぶ事もある。

こうした改造に用いられる部品は、他機種の純正部品から流用する場合や、純正分品を加工ないし単品製作(ワンオフ)をする場合の他、市販されている改造用のパーツを使用する場合もある。市販されている改造用パーツは特に「カスタムパーツ」とも呼ばれる。

また、こうした改造を行う個人製作者や専門業者はカスタマイザー(Customizer)とも呼ばれる。

通常は既製品の状態で販売される商品を、納品前段階から特別な仕様となるように注文をする場合には「カスタムメイド」などと呼ばれる[2]。ほぼ同義ではあるものの、仕様の注文が前提となる「オーダーメイド」とは若干ニュアンスが異なる(ただしオーダーメイドをカスタムメイドと呼ぶこともある)。

自動車、オートバイにおけるカスタム[編集]

Kustom (自動車)も参照。

世界に一台だけの自動車オートバイ)に乗りたい、所有したいという願望から[独自研究?]自動車、オートバイに多くみられる。

エンジン、足回りなど性能に関する改造は特に「チューニング」とも呼ばれる。俗に「ステッカー・チューニング」などと揶揄される有名メーカーのステッカーを貼るだけの手軽な外観のカスタムから、エンジン内部やサスペンションの構造まで改造する本格的なチューニングまで、その幅は広い。

また車内環境の充実を目的にした後付けのカーオーディオカーナビゲーションなどの電装系の追加・変更、ドレスアップを目的として内装・外装に手を加えることもその範疇に入る。

このような既製車両をカスタムしたものは、改造車またはカスタムカー・カスタムバイクと呼ばれる。東京オートサロン大阪オートメッセなどのカスタムカー・カスタムバイクの見本市・イベントが開かれるなど、その認知度は上がって来ている。カスタム車両と違法改造車両とは区別されつつあるが[要出典]違法改造を施した車両はまだまだ多く[要出典]専門業者の中には暴走族御用達のようなカスタム・ショップもあるのは事実である[要出典]

グレード名としての「カスタム」[編集]

  • 1950年代初頭、トヨタ自動車が同社のトヨペット・スーパーの廉価版として「トヨペット・カストム」(ローマ字読み)として発売したのが日本では最初だといわれている[誰によって?]
  • 1997年から、ダイハツ工業が製造・販売する自動車の一部車種では、趣味性の高いパーツを組み合わせたスポーティモデルを「○○カスタム」として銘打ち発売している。当初はムーヴ、およびパイザーの2車種のみであったが、2017年4月現在は、ムーヴのほかタントアトレートールと計4車種に設定されている(このうち、アトレーワゴンはカスタムのみの設定であり、現行モデルとなる5代目に関しては標準タイプは最初から未設定)。
  • ホンダにおいても、N BOXを皮切りにカスタム設定がなされている。
  • 2013年から、三菱においても、3代目eK及びeKスペースにカスタム設定がなされている。
  • OEM供給車によるカスタム設定においても、トヨタでは、ダイハツ・トールOEM供給車ルーミー及びタンクSUBARU(旧・富士重工業)でも同様に、ダイハツOEM供給車の2代目・3代目ステラ(5代目・6代目ムーヴOEM車)、2代目ディアスワゴン(5代目アトレーOEM車)、2代目(日本仕様)ジャスティ(先述した、ルーミー及びタンクと同様、トールのOEM供給車)、シフォン(3代目タントOEM車)にカスタム設定がなされている。三菱においても、デリカD:2スズキソリオのOEM車でバンディットに相当)に、カスタム設定がなされている。
  • なお、スズキにおいては、スペーシアにカスタム設定がなされているが、マツダにおいても、2代目フレアワゴン(スペーシアOEM車)、及びフレア(スズキ・ワゴンRのOEM車でスティングレーに相当)にもカスタム設定がなされている。

玩具におけるカスタム[編集]

遊戯銃において、「改造」という言葉は、かつてのモデルガン・エアガンの違法改造を想起させるとして避けられる傾向がある(モデルガンの項参照)。 上記の自動車、バイクのケース同様その幅は広く、射撃競技用銃における照準器やグリップ、引金等の操作系に関わるものから、エアソフトガンにおける銃身の固定方法の見直し等、性能に関わるものまである。サバイバルゲームでの実用性を考慮した迷彩塗装のような、特定の競技特有のものもある。また、外装に実銃パーツを使用することにより、質感や所有する喜びを高めるカスタムも存在する。

パーソナルコンピュータにおけるカスタム[編集]

パーソナルコンピュータにおいては、大きく分けてソフトウェア側とハードウェア側の二通りのカスタムがある。

ソフトウェア側のカスタムは、使用者の好みの状態に合わせるためにオペレーティングシステムの各種設定を変更したり、その目的を満たすソフトウェアのインストールを行うなどの行為がその例となる。

ハードウェア側のカスタムでは、CPUマザーボードメモリビデオカードサウンドカードハードディスクドライブなどの記憶装置といったパソコン本体のハードウェア構成を自分好みに組み合わせ、オリジナルマシンを作り上げるといったことが挙げられる(これに関しては、自作パソコンに詳しい)。

脚注[編集]