タッチパッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タッチパッド(ウルトラナビ)

タッチパッド (touchpad) は、平板状のセンサーを指でなぞることでマウスポインタの操作をする、ポインティングデバイスの一種。メーカーによりスライドパッドトラックパッドなどとも呼ばれる。

多くのノートパソコンに採用されているほか、デジタルオーディオプレーヤーiPodgigabeat)や携帯電話インターネットAQUOS(タッチパッドリモコン)など、ノートパソコン以外の製品への搭載例も増加している。また、少数ながら、パーソナルコンピュータ用キーボードに組み込んだ製品やタッチパッド単体での製品も存在する。

マウスやジョイスティック、トラックボールなどの他のポインティングデバイスに比べて「設置面積が小さい」「腱鞘炎などになりにくい」などの利点がある。

概要[編集]

タッチパッドは、平板状のセンサーと人体ので構成されるコンデンサが、センサー表面のどの位置に存在するかを微弱な静電容量の変化として検出し、センサーの表面をなぞった指の軌跡を、画面上のマウスポインタの動作に関連づけるものである。指で構成されるコンデンサの極板面積は概ね接触面積であり、タッチパッドの面積に対して比較的大きいが、センサはコンデンサの存在をセンサ全面における静電容量の分布として検出するため、その分布中心を割り出すことによって必要な分解能を得ている。

PowerBook520

タッチパッドを初めてノートパソコンに採用したのは、アップル社のPowerBook 520, 540シリーズ(1994年5月発売開始)であった。当時主流だったボール式マウストラックボールなどとは異なり機械的な可動部品を必要とせず、構造が簡単で故障が少ない。また、装置自体の厚みも少なく、製造コストが安価であることからノートパソコンの薄型化・低価格化にも寄与している。現在は一般的なノートパソコンのポインティングデバイスとして広く採用されている。

タッチパッドはタイピング時のホームポジションをできるだけ崩さないように、パームレストの中央、もしくはそのやや左側に配置されている。パッドの形状は一般的に長方形で、ワイド液晶画面を採用した製品ではそれに合わせて横長としたり、また円形のものもあり、そのほか意匠によってはこの限りでない。パッドの周囲にはマウスクリックと同等の機能を持つボタンがいくつか配置されている。

利点と欠点[編集]

多様なポインティングデバイスの操作性は、使用技術による特徴や習熟度によっても異なるが、一般的な比較は以下である。

  • 利点
    • 量産効果が高く、部品単価が安い
    • ノートPCなどでは、薄く、また突起物が無いため本体の薄型化に有利
    • 第四世代では、マルチタッチ操作が実現され、実用でもマウスより有利な用途がある
  • 欠点
    • 世代が進むにつれて多機能化と共に大型化している。小型化されたものでは、操作精度が低下したり、マルチタッチなどの多機能化が困難となる
    • タッチパッドの端から端まで指を移動しても、マウスポインターの移動量が不足し、継ぎ足して移動操作する必要が生じる(マウス、トラックボールなどでも生じる共通の問題)
    • 第二世代以降のタッチパッドにはクリック機能が含まれているため、移動操作時や単にキーボード操作中などに触れていない手を認識し、意図せずクリック操作が行われることがある(作業ウィンドウのフォーカス移動や、選択状態の遷移などが生じる恐れがある)
    • 接触によって機能するものでは無いため、操作後、指を離す過程でマウスポインターがずれることがあり、高い精度で操作できない場合がある
    • 故障の場合の対応(マウスのように交換容易ではなく、PC本体またはキーボード自体の修理となる)

改良[編集]

タッチパッドは、外観上の変化は少ないものの、コンピュータにインストールされた専用のデバイスドライバと連携し、多くの操作機能が追加されてきた。

初期の製品はパッド上もしくは指に付着した水分や汚れにも過敏に反応し、誤動作するという問題があった。のちに改良が加えられ、この問題は解消されつつある。

第一世代のものは、単にマウスポインターを動かすための機能しかなかった。第二世代では、パッド表面を指で軽くたたくという動作を、マウスクリックとして扱うタップと呼ばれる機能が盛り込まれ、これは代表的な機能として、ほとんどの機種で利用できる。 ただし、それと共に走行中の自動車や電車の中では、本体と手の揺れによって"意図せずクリックする"・"パッド上のクリック位置がずれる"・"指を放す過程でポインターが移動し、別途ボタンで目的の位置をクリックすることも困難"といった状況がおきる。

第三世代では、パッド右端や上端をなぞると、それぞれ縦や横スクロールが可能な製品が生まれ、ホイールパッドと呼ばれる円形のパッドを採用するLet'snoteでは、周囲を一回りになぞると同様の操作ができる。

またアップルは、2本の指でなぞることで上下・左右・斜め方向へと自在にスクロールする機能を開発し、これをMacBookMacBook Proに搭載しているトラックパッドに適用した。これが第四世代のタッチパッドとなる。これはマルチタッチトラックパッドと呼ばれる。現在では3本指や4本指にも対応しており、スクロールのほか画像の拡大・縮小や回転、Exposéの利用やアプリケーションの切り替えなど、複合的な機能が一つのトラックパッドに組み込まれている。近年では同じような機能を搭載した他社製ノートパソコンも登場している。

製品[編集]

スマートフォンBlackBerry Curve)のタッチパッド

以下は各メーカーによる、ノートパソコンに搭載されたタッチパッドの呼称である。これらは基本的に同等の機能を備えている。

また、携帯電話端末向けのタッチパッドとして、三洋電機コンシューマエレクトロニクススムースタッチシャープTOUCH CRUISERを開発し、自社製品に搭載している。またスマートフォンのBlackBerryでもタッチパットが搭載されている機種が目立つ。

関連項目[編集]