Mac OS 9

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Mac OS 9
Mac OS ファミリー
開発者
アップル
リリース情報
リリース日 1999年10月23日(18年前) (1999-10-23
最新安定版 9.2.2 - 2001年12月5日(15年前) (2001-12-05 [info]
ソースモデル クローズドソース
ライセンス プロプラエタリ
カーネル モノリシックカーネル
先行品 Mac OS 8.6
後続品 Mac OS X (10.0)
サポート状態
終了

Mac OS 9は、アップルClassic Mac OSでは最後にメジャーリリースされたオペレーティングシステム。1999年10月23日に発表され[1]Sherlock 2のインターネット検索機能、アップルの無料オンラインサービスiToolsOpenTransportの、改良が含まれている。 しかし、Mac OS 9ではメモリ保護プリエンプティブ・マルチタスクを欠いたままであり[2]、自動ソフトウェア更新とマルチユーザーへの擬似対応などの従来からの改良に留まる。

アップルは予定通りMac OS 9を2001年に開発終了し、全ての開発をMac OS Xへ移行した。よって、最後のMac OS 9.2.2アップデートリリース以降の更新はない。 最終更新では、Classic環境とCarbonアプリケーションの互換性改善が行われた。 2002年のWWDCでは、スティーブ・ジョブズによる基調講演でMac OS 9の葬儀パフォーマンスが行われた[3]

Classic環境[編集]

Mac OS 9.0[編集]

アップルは、Mac OS 9に「50の新機能」を追加、QuickTimeのようなメタリックな外観を導入し様々なオンラインリソースを検索するための「チャネル」機能を導入したSherlock 2を中心に紹介した。 Mac OS 9はiTools(後に.MaciCloudに置き換えられたMobileMe)として知られるインターネットサービススイートを統合的にサポートし、Open Transport 2.5でTCP/IP機能を改善した。

Mac OS 9の新機能

  • At Easeを使用せずに複数のユーザーアカウントを統合サポート
  • VoicePrintパスワードによる音声ログインのサポート
  • Keychainは、ユーザーが保護されたキーチェーンで暗号化されたパスワードとテキストデータを保存できる機能
  • Appleシステムソフトウェアのアップデートを自動的にダウンロードしてインストールするためのソフトウェアアップデートコントロールパネル
  • サウンドコントロールパネルの再設計とUSBオーディオのサポート。
  • AppleScriptとの統合に伴い音声合成と認識が改善されたPlainTalkとも呼ばれるSpeakable Items 2.0
  • FontSyncによるフォント管理の改善
  • Apple Remote Access Personal Server 3.5には、PPP(Point-to-Point Protocol)によるTCP / IPクライアントのサポートが含まれる
  • AppleScriptのアップデート版で、TCP/IPをサポート
  • TCP/IPを介した個人用ファイル共有
  • USBプリンタ共有は、特定のUSBプリンタをTCP/IPネットワーク上で共有できるようにするコントロールパネル
  • Finderでの128ビットファイル暗号化
  • 2GBを超えるファイルをサポート
  • Unixのボリュームサポート

9.0.1-9.0.4[編集]

Mac OS 9.1[編集]

  • FinderでのCD書き込み
  • Finderへのウィンドウメニューの追加

Mac OS 9.2[編集]

Mac OS 9.2.1[編集]

Mac OS 9.2.2[編集]

バージョン履歴[編集]

出典[編集]

  1. ^ October 23, 1999: Mac OS 9 Released”. AppleMatters.com. 2009年11月28日閲覧。
  2. ^ Re: newbie question: What is a Blue Task”. Apple.com. 2007年3月29日閲覧。
  3. ^ Apple WWDC 2002-The Death Of Mac OS 9”. YouTube.com. 2010年3月16日閲覧。

外部リンク[編集]