macOS Mojave

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
macOS 10.14 Mojave
macOSオペレーティングシステムのリリース
開発者 アップル
OSの系統
ソースモデル 独自API + オープンソース
初リリース 2018年9月25日
アップデート方式 Mac App Store
対応プラットフォーム x86-64
カーネル種別 ハイブリッド (XNU)
ライセンス APSL and Apple EULA
先行品 macOS 10.13 High Sierra
ウェブサイト www.apple.com/jp/macos/mojave/
テンプレートを表示

macOS Mojave (マックオーエス モハベ)は、Macintosh用のデスクトップオペレーティングシステムであるmacOSの15番目のメジャーリリース。バージョンナンバーは10.14。macOS High Sierraの後継であるこのOSは、2018年6月4日のWWDC 2018で発表された[1] 。Apple News、Voice Memos、Home、そして新しいダークモードを搭載したmacOSの最初のバージョンである。

デベロッパー版は、有料の開発メンバー向けとして発表直後からダウンロードができる。パブリックベータ版は2018年6月26日から利用できる[2][3]

2018年9月12日のAppleスペシャルイベントで、9月25日にリリースすると発表された。

システム要件[編集]

macOS Mojaveは、Metal APIをサポートしたMacが必要である[4]。そのため、インストール対象はMid 2012以降のMac機種に限られる。但し、Mac Proのmid 2010とmid 2012については、グラフィックボードがMetalに対応したものを装着することで対応が可能である。

特徴[編集]

これまでのmacOS同様に、The Open Groupに正式に認定されたUNIXである[5]

更新・追加された多数の書体・フォントが付属する[6]

システム[編集]

32ビットアプリケーションソフトウェア[編集]

macOS High Sierraで非推奨とされた32ビットアプリが動作する最後のmacOSとなる[7]

OpenGLおよびOpenCLの非推奨化[8][編集]

OpenGLOpenCLを利用するアプリケーションはmacOS Mojaveで引き続き動作するが、非推奨となる。 OpenGLを使用するゲームやグラフィックスを多く使用するアプリケーションでは、今後はMetalを採用することになる。 同様に、計算タスクでOpenCLを使用するアプリケーションでは、MetalおよびMetal Performance Shaderを採用する必要がある。

Fusion DriveとハードディスクのAPFS対応[編集]

macOS High Sierraでは非対応とされたFusion Driveとハードディスクについても、APFSに対応する[9]

セキュリティの強化[編集]

システム整合性保護、ユーザのデータ保護、プライバシー保護の強化[10]

追加機能[編集]

ダークモード[11][編集]

macOS Mojaveユーザーは、ダークモードに切り替えるとデスクトップUIを黒い配色に変えることができ、コントロールはバックグラウンドに後退し、ユーザーのコンテンツに焦点を当てることができる[12] 。ユーザーは明るい画面か暗い画面かを切り替えることができ、メール、メッセージ、マップ、カレンダー、写真などの添付Macアプリケーションにはすべてダークモードのデザインが含まれる。macOS Mojaveには、デスクトップの壁紙を時刻に合わせ自動変更する新しいダイナミックデスクトップが搭載されている。 開発者がダークモードを実装できるように、APIが用意される。

Create ML[編集]

Create MLは、Mac上でカスタムの機械学習モデルを作成し、訓練するための新技術である。 Create MLでSwiftやmacOSのPlaygroundsなどの使い慣れたツールを使用して、自分のモデルを訓練しやすくできる[8]

デスクトップおよびFinder[編集]

デスクトップ スタックは、ファイルタイプに基づいて自動的にファイルをグループとして積み重ねることで、複雑なデスクトップを整理する。 ユーザーは、日付やタグなどの他のファイル属性に基づいてソートするようにスタックをカスタマイズ可能である。 Finderは、ユーザーがファイルを視覚的にブラウズできるようにする、新しいGallery View(Cover Flowを置き換える)はmacOS Mojaveの重要なアップデートの1つであり、プレビューウィンドウにファイルのメタデータがすべて表示される。

FaceTimeの進化[編集]

グループチャットで最大同時に32人でのビデオ会議が可能になる。参加者はいつでも追加することができる。会話がアクティブであれば後で参加し、iPhone、iPad、Macのビデオやオーディオを使用して参加することもできる。Apple WatchのFaceTimeオーディオで参加も可能である。

Mac App Store[編集]

macOS MojaveのMac App Storeは全面的にリニューアルされた。

新しいデザインは、「見つける」タブで新しいアプリケーションや更新されたアプリケーションを強調表示し、創作、作品、プレイ、開発のタブではユーザーが特定のプロジェクトや目的のアプリケーションを見つけやすくなる。

参考文献[編集]

  1. ^ Watch the Apple WWDC Special Event” (英語). Apple. 2018年6月4日閲覧。
  2. ^ “「macOS Mojave」パブリックベータが公開--「ダークモード」など多数の新機能” (日本語). CNET Japan. (2018年6月27日). https://japan.cnet.com/article/35121502/ 2018年6月27日閲覧。 
  3. ^ “「macOS Mojave」パブリックβを試して分かったこと iOSとの連携強化、ダークモード、細かな改善点まで (1/3)” (日本語). ITmedia PC USER. http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1806/27/news025.html 2018年6月27日閲覧。 
  4. ^ Juli Clover (2018年6月4日). “MacOS 10.14 Mojave Drops Support for Many Older Machines” (英語). MacRumors. 2018年6月4日閲覧。
  5. ^ Open Brand” (英語). www.opengroup.org. 2018年10月16日閲覧。
  6. ^ “macOS Mojave に組み込まれているフォント” (日本語). Apple Support. https://support.apple.com/ja-jp/HT208968 2018年10月16日閲覧。 
  7. ^ Tane, Kiyoshi. “「Mojaveが32ビットアプリをサポートする最後のmacOS」WWDC 2018で発表 - Engadget Japanese” (日本語). Engadget JP. https://japanese.engadget.com/2018/06/06/mojave-32-macos-wwdc-2018/ 2018年6月11日閲覧。 
  8. ^ a b What’s New in macOS - Apple Developer” (英語). developer.apple.com. 2018年6月5日閲覧。
  9. ^ Haslam, Karen. “We compare macOS Mojave with macOS High Sierra” (英語). Macworld UK. https://www.macworld.co.uk/review/mac-software/macos-mojave-vs-high-sierra-3678471/ 2018年6月10日閲覧。 
  10. ^ Inc., Apple. “Your Apps and the Future of macOS Security - WWDC 2018 - Videos - Apple Developer” (英語). Apple Developer. 2018年9月6日閲覧。
  11. ^ Dark Mode - Visual Design - macOS - Human Interface Guidelines - Apple Developer” (英語). developer.apple.com. 2018年6月5日閲覧。
  12. ^ “Apple introduces macOS Mojave” (英語). Apple Newsroom. https://www.apple.com/newsroom/2018/06/apple-introduces-macos-mojave/ 2018年6月5日閲覧。 

外部リンク[編集]