The Open Group

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

The Open Group とは、コンピューティングにおけるベンダー中立でオープンな標準基盤を確立するために結成された業界団体である。

1996年に、X/OpenOpen Software Foundation (OSF) が合併して生まれた。The Open Group はUNIX商標管理団体であり、POSIX標準を拡張した公式のUNIXの定義であるSingle UNIX Specificationの策定でも知られている。

メンバー[編集]

参加者はIT企業からITを利用する大企業、政府機関などである(ITコンサルティング企業 Capgemini、富士通日立製作所ヒューレット・パッカードIBM日本電気アメリカ国防総省NASAなど)。

認証[編集]

The Open Group の主要なサービスは認証プログラムである。次のような技術に関して認証を行っている。

  • Common Operating Environment (COE) プラットフォーム
  • LDAP
  • POSIX
  • Schools Interoperability Framework (SIF)
  • UNIX
  • Wireless Application Protocol (WAP)

The Open Group はUNIXの登録商標の権利保有者でもある。

The Open Group は、ビジネスプラクティスや開発プラクティスの標準化も行っており、プロ向けの認証も行っている。例えば、ITアーキテクト認証やTOGAFThe Open Group Architecture Framework)などがある。

メンバーフォーラム[編集]

The Open Group はメンバー企業が要求を話し合う場を提供し、標準化に協力する。メンバーは半自律的な以下のようなフォーラムのうち興味のあるものに参加する。

また、四半期ごとに全体会議が開催される。

歴史[編集]

1990年代初め、主要UNIX関連企業はUNIX戦争と呼ばれる競争に巻き込まれていった。マイクロソフトに対抗するにはUNIXのオープン化が必要と考えられるようになった。1993年、まずCOSEイニシアティブが第一段階として結成され、最終的に 1996年の OSF と X/Open の合併へとつながっていった。OSF はそれ以前の1994年に UNIX Internationalと合併しており、The Open Group は当時のUNIXコミュニティ全体を代表する団体となった。

UNIXのブランドとしての価値は市場の変化によって低下している。これは、特にLinuxのような非標準のUNIX系オペレーティングシステムの台頭が影響している。最近では、The Open Group は The Linux Foundation に協力してLinux Standard Baseの仕様策定に参加しているが、成果が現れるのはこれから(2007年以降)である。

開発と標準[編集]

外部リンク[編集]