Swift Playgrounds

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Swift Playgrounds
開発元 Developer Tools Department
Apple Inc
初版 macOS(Xcode統合)
2014年6月2日
macOS(スタンドアローン)
2020年2月11日
iPad
2016年9月13日
最新版
4.0 / 2021年12月15日
プラットフォーム macOS Big Sur 11.5以降, iPadOS 15.2以降
対応言語 オランダ語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、日本語、韓国語、ポルトガル語、簡体字中国語、スペイン語、スウェーデン語、タイ語、繁体字中国語、トルコ語
種別 教育向けアプリ
公式サイト www.apple.com/swift/playgrounds/ ウィキデータを編集
テンプレートを表示

Swift Playgrounds(プレイグラウンドとも呼ばれる)は、Appleが開発したSwiftの開発環境。

Playgroundsの最初のmacOSバージョンは、2014年6月2日のWWDC 2014Xcodeの一部として発表された[1][2]2016年9月、Swiftを習い始める若い学生をターゲットにしたSwift PlaygroundsのiPad版がローンチされた。

概要[編集]

Playgroundsは、コードをリアルタイムでレンダリングするテスト環境を提供する。これには、ユーザーの入力したコードが実行された際にその結果を評価付きで表示し、迅速なフィードバックを提供する機能が含まれる。このタイプの開発環境はREPL (Read–Eval–Print–Loop) と呼ばれることが多く、学習、実験、および高速プロトタイピングに役立つとされる[3][4][5] 。Swift Playgroundsでは、AppleによってSwiftのチュートリアルや、REPLの利点を説明するガイド付きツアーが用意されている[6]

Swift PlaygroundsのiPad版は、2016年6月13日のWWDC 2016内で、Swiftを学ぶ人のためのiPad専用アプリとして発表された[7][8]。開発者向けのバージョンが同日にリリースされ、翌月にはパブリックベータも公開された。アプリでは学生向けの教育ツールとして、タッチディスプレイ用に設計されたインタラクティブ環境(対話型環境)を使用したコーディングのコアコンセプトが紹介された[9]。アプリは2016年9月に(一般ユーザー向けに)リリースされた[10]Appleは、このアプリを中学生以上に推奨するとするSwift Playgroundsカリキュラムを公開している[11]

macOS用のSwift Playgroundsのスタンドアロン版は、2020年2月11日にMac App Storeでリリースされた。これはXcodeから完全に切り離されているものとなり、iPad版をmacOS用に移植したものとなる[12]

特徴[編集]

Swift PlaygroundsのiPad版は、開発環境と教育教材を組み合わせたものとなっている[13]。このアプリでは、各教材を受講前にダウンロードし、以降はオフラインで利用できる。但し、ステージをiCloud Driveに保存する場合には、ネットワーク接続が必要となる。

Swift PlaygroundsのiPad版の初期レッスンでは、Byte、Blu、Hopperの3つのキャラクターが紹介されている。それぞれの課題において、プレイヤーは、いくつかのコードを組み合わせてキャラクターを操作し、定められた目標を達成する事を求められる。ステージが進行するにつれて目標はより困難になり、それらを解決するためにより複雑なアルゴリズムが必要となる。Swift Playgroundsではいくつかのステージをクリアすると、新しいコードが利用できるようになる[14]。Swift Playgroundsの上級レッスンでは、Apple Bluetooth APIやApple Augmented Reality開発プラットフォーム(ARKit)のといった複雑な機能が利用できるようになる[15]

2018年1月、AppleはSwift Playgroundsにサブスクリプションを導入した。これにより、ユーザーはサードパーティの作成したPlaygroundをプレイでき、コンテンツプロバイダーはPlaygroundを販売できるようになった[16]

開発とリリース[編集]

Swift PlaygroundsはAppleのDeveloper Tools部門によって開発された。Swift Programming Languageの発明者であり、Developer Tools Departmentのシニアディレクター兼アーキテクトであるChris Lattner氏によると、Playgroundsは「ブレット・ビクターのアイディア、ライト・テーブル、その他多くの対話型システムから大きな影響を受けている」(原文意訳)という[17]。Swift Playgroundsは、2014年6月2日のWWDC 2014でXcode 6の一部として発表され、同年9月にリリースされた。

Swift PlaygroundsのiPad版は2016年9月13日にリリースされた。Chris Lattnerは構想、設計、実装、反復など、Swift PlaygroundsのiPad版を牽引した数少ない中核的人物の1人でもあった[18]Appleはリリースと同時に、iBook Storeで同アプリケーションの操作方法や使用方法をユーザーに教えるガイドブックを公開した[8]。この発表は、公立学校にプログラミング教育の実施を求めるシリコンバレーの大規模なキャンペーンと時を同じくして行われた。Appleは、子供たちがプログラミングを学ぶのを助けるためにコンピュータサイエンスのカリキュラムを提供する、「Everyone Can Code」プログラムを発表した[19][20] 。Swift Playgroundsはこのプログラムに含まれており、Appleは教師がSwiftを教えるための詳細なガイドを提供している[21]。さらに、AppleSwiftソフトウェア開発を教えるための一年間のカリキュラム「Swiftを使ったアプリ開発」を公開し、その後、学生のコーディングスキルを検証/認証するSwift認定プログラムを導入した[22][23]

2017年1月、AppleRNIB(王立盲人研究所)と提携し、Swift Playgroundsの点字バージョンを提供した[24]2018年Appleは米国のろう学校全体に「Everyone Can Code」プログラム[25]を拡大すると発表した。

2020年2月、macOS Catalina向けにSwift Playgroundsのスタンドアロン版がローンチされた。このバージョンはXcodeから切り離されており、iPadバージョンのSwift Playgroundsの移植となっている[12]

2021年6月7日、WWDC21基調講演において、iPadOS 15でiPhoneとiPad用のアプリケーションを構築しApp Storeへ、iPad上から直接リリースできるようになることが発表された[26]。2021年12月15日からiPadOS 15.2以降を対象にその機能を搭載したSwift Playgrounds 4が配付されている[27]

バージョン履歴[編集]

日付 バージョン 説明文
2016年6月 AppleがiPad用のSwift Playgroundsを発表。同時にApple開発者向けのバージョンのリリース。
2016年7月 公開ベータ版のリリース。
2016年9月 1.0 最初のバージョンのリリース。
2017年3月 1.2 簡体字中国語、日本語、フランス語、ドイツ語、中南米スペイン語のサポート。

MapKitフレームワークのサポート。

2017年6月 1.5 外部ハードウェアの操作をサポート[28][29]
2017年9月 1.6 ARKit(拡張現実)のサポート。

Swift 4のサポート。

カメラへのアクセスのサポート。

2018年1月 2.0 サードパーティのPlaygroundサブスクリプションが利用可能に[16]
2019年5月 3.0 Swift 5のサポート。

Swiftファイルの共有のサポート。

2019年10月 3.1 Swift 5.1のサポート。

SwiftUIフレームワークを含む。

2020年2月 3.2 macOS Catalina用の初リリース
2020年4月 3.3 iPadOSのカーソルサポート
2020年11月 3.4
2021年3月 3.4.1 ローカリゼーションとパフォーマンスの改善
2021年12月 4.0 iPadOS 15.2でiPhoneとiPad用のアプリケーションを構築しApp Storeへ、iPad上から直接リリースできるようになる

評価[編集]

リリースと同時に、Swift PlaygroundsのiPad版は、約100カ国の無料iPad教育アプリのランキングで第一位になった。同アプリは、ユーザー(App Storeでの評価は5段階のうちおよそ4となっている)や報道機関から概ね好意的な評価を受けた[30][19][31][32][33][34][35][36][37][21] 。また、このアプリはSwiftの学習を若い学生でも行いやすくするのに加え、Swiftに過度に焦点を当てているのではなく、良いコーディング方法を教えることに焦点を当てているとされ、称賛された[38][39] 。Common Sense Mediaは、Swift Playgroundsのスコアを5段階中の5としている[40]

参考文献[編集]

  1. ^ Keynote - WWDC 2014 - Videos” (英語). Apple Developer. 2019年2月1日閲覧。
  2. ^ Apple's new Swift language explained: A clever move to boost iOS, while holding Android apps back - ExtremeTech”. www.extremetech.com. 2019年2月1日閲覧。
  3. ^ Swift: Apple's next-generation programming language 4 years in the making” (英語). iMore (2014年6月4日). 2019年2月1日閲覧。
  4. ^ Mayo (2014年6月2日). “Apple announces new Xcode, 'Swift' programming language” (英語). 9to5Mac. 2019年2月1日閲覧。
  5. ^ Swift Resources - Apple Developer” (英語). developer.apple.com. 2019年2月1日閲覧。
  6. ^ A Swift Tour — The Swift Programming Language (Swift 5)”. docs.swift.org. 2019年2月5日閲覧。
  7. ^ Getting Started with Swift - WWDC 2016 - Videos” (英語). Apple Developer. 2019年1月29日閲覧。
  8. ^ a b Mayo (2016年6月13日). “Apple announces Swift Playgrounds for iPad at WWDC, public release in fall” (英語). 9to5Mac. 2019年1月31日閲覧。
  9. ^ Swift Playgrounds” (英語). App Store. 2019年1月29日閲覧。
  10. ^ Mayo (2016年6月13日). “Apple announces Swift Playgrounds for iPad at WWDC, public release in fall” (英語). 9to5Mac. 2019年2月20日閲覧。
  11. ^ Apple Inc. (2017年9月). “Swift Playgrounds Curriculum Guide”. Apple - Everyone can code. 2020年7月8日閲覧。
  12. ^ a b Lyles (2020年2月12日). “Apple’s free learn-to-code Swift Playgrounds sandbox arrives on Mac” (英語). The Verge. 2020年2月14日閲覧。
  13. ^ Swift Playgrounds: Previewing Apple's remarkable new portal to code” (英語). iMore (2018年3月27日). 2019年1月31日閲覧。
  14. ^ Learning to code with Swift Playgrounds as an adult” (英語). Macworld (2018年4月6日). 2019年2月10日閲覧。
  15. ^ What's New in Swift Playgrounds - WWDC 2017 - Videos” (英語). Apple Developer. 2019年2月10日閲覧。
  16. ^ a b Apple releases Swift Playgrounds 2.0 with playground subscription options, more” (英語). AppleInsider. 2019年2月10日閲覧。
  17. ^ Chris Lattner”. web.archive.org (2019年7月5日). 2020年7月8日閲覧。
  18. ^ Chris Lattner's Homepage”. nondot.org. 2019年2月10日閲覧。
  19. ^ a b Singer, Natasha (2016年9月12日). “Apple Offers Free App to Teach Children Coding (iPads Sold Separately)” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2016/09/13/technology/apple-coding-app-swift-playgrounds.html 2019年1月31日閲覧。 
  20. ^ Ravipati. “Apple Launches Everyone Can Code Initiative and Apple Teacher Program -” (英語). THE Journal. 2019年2月1日閲覧。
  21. ^ a b Chambers (2018年5月19日). “Making The Grade: Is Swift Playgrounds a useful tool in K-12?” (英語). 9to5Mac. 2019年2月1日閲覧。
  22. ^ Apple launches app development curriculum for high school and community college students” (英語). Apple Newsroom. 2019年2月1日閲覧。
  23. ^ Hall (2018年7月30日). “New Swift certification program validates coding skills for students” (英語). 9to5Mac. 2019年2月1日閲覧。
  24. ^ Evans, Jonny (2019年1月24日). “Apple's 'Everyone Can Code' courses are now available in braille” (英語). Computerworld. 2019年2月1日閲覧。
  25. ^ 教育 - 小中高等学校 - コードを教える” (日本語). Apple(日本). 2021年6月15日閲覧。
  26. ^ マルチタスクが改善されたiPadOS 15、新Swift Playgroundsでアプリ作成から公開まで可能に” (英語). TechCrunch. 2021年6月9日閲覧。
  27. ^ アップル、「Swift Playgrounds 4」を公開--「iPad」から直接アプリを提出可能に” (日本語). ZDNet Japan (2021年12月16日). 2021年12月16日閲覧。
  28. ^ Apple's new Swift Playgrounds 1.5 includes controls for robots and drones” (英語). Macworld (2017年6月1日). 2019年1月31日閲覧。
  29. ^ Owen. “Swift Playgrounds could help users build controllable robots in coding lessons” (英語). AppleInsider. 2019年2月1日閲覧。
  30. ^ Swift Playgrounds - AppAnnie report”. www.appannie.com. 2019年2月10日閲覧。
  31. ^ Biersdorfer, J. D. (2016年10月21日). “Want to make your own app? There are free classes for that” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2016/10/22/technology/personaltech/want-to-make-your-own-app-there-are-free-classes-for-that.html 2019年2月10日閲覧。 
  32. ^ Learning to code with Swift Playgrounds as an adult” (英語). Macworld (2018年4月6日). 2019年1月29日閲覧。
  33. ^ Apple launches Swift Playgrounds for iPad to teach kids to code” (英語). TechCrunch. 2019年1月29日閲覧。
  34. ^ Swift Playgrounds brings iOS app development to the masses” (英語). Macworld (2016年6月13日). 2019年1月29日閲覧。
  35. ^ Dilger. “Apple's new Swift Playgrounds for iPad is a killer app for teaching code” (英語). AppleInsider. 2019年1月29日閲覧。
  36. ^ Carman (2016年6月14日). “Swift Playgrounds sells coding as simple and fun — just like rest of Apple's products”. The Verge. 2019年1月29日閲覧。
  37. ^ Higgins, Michelle (2017年3月20日). “Travel Apps and Games for Children on the Go” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2017/03/20/travel/travel-apps-and-games-for-children.html 2019年2月1日閲覧。 
  38. ^ Miller (2018年3月29日). “The Xcode cliff: is Apple teaching kids to code, or just about code?”. The Verge. 2019年2月1日閲覧。
  39. ^ Swanner (2016年7月14日). “Here's why Apple really created Swift Playgrounds” (英語). The Next Web. 2019年2月5日閲覧。
  40. ^ Swift Playgrounds Review for Teachers” (英語). Common Sense Education (2016年9月27日). 2019年2月10日閲覧。

外部リンク[編集]

公式ウェブサイト