Core Text

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Core Textは、Mac OS X v10.4で初めて導入され、Mac OS X v10.5で公開されたMac OS XCore Foundation風のAPIで、古くからMac OS Xにあり非推奨となったQuickDrawATSUIに代わってテキストレンダリングの機能を担うものである。アップルによると、Core Textは高いパフォーマンスと利用の容易さを意識して設計され、このレイアウトAPIはシンプルで安定しており、Core FoundationやCore GraphicsCocoaと密接に関連している。[1]

特徴[編集]

Core Textは次のような不透過型を提供している。

  • CTFramesetter - CTTypesetterを使って、与えられた属性付き文字列とCGPathからCTFrameオブジェクトを生成する。
  • CTTypesetter - 改行などの行のレイアウトを行う。
  • CTFrame - 行(CTLineオブジェクト)の配列を表す。
  • CTLine - 同じ属性を持つグリフの並びの配列を表す。
  • CTFont - フォントを表す。

使用例[編集]

次のコードは与えられたグラフィックコンテクストに「Hello, World!」と表示する。

// フォントの準備
CTFontRef font = CTFontCreateWithName(CFSTR("Times"), 48, NULL);
 
// 属性付き文字列の生成
CFStringRef keys[] = { kCTFontAttributeName };
CFTypeRef values[] = { font };
CFDictionaryRef attr = CFDictionaryCreate(NULL, (const void **)&keys, (const void **)&values,
					  sizeof(keys) / sizeof(keys[0]), &kCFTypeDictionaryKeyCallBacks, &kCFTypeDictionaryValueCallBacks);
CFAttributedStringRef attrString = CFAttributedStringCreate(NULL, CFSTR("Hello, World!"), attr);
CFRelease(attr);
 
// 文字列の描画
CTLineRef line = CTLineCreateWithAttributedString(attrString);
CGContextSetTextMatrix(context, CGAffineTransformIdentity);
CGContextSetTextPosition(context, 10, 20);
CTLineDraw(line, context);
 
// 後片付け
CFRelease(line);
CFRelease(attrString);
CFRelease(font);

参照[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]