Apple Remote Desktop

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Apple Remote Desktop
RemoteDesktopApp.png
Apple Remote Desktop Fenêtre Principale.png
スクリーンショット
開発元 Apple
最新版
対応OS macOS Big Sur 以降
種別 Remote Access Software
ライセンス プロプライエタリ
公式サイト Apple Remote Desktop
テンプレートを表示

Apple Remote Desktop (アップル・リモート・デスクトップ, 略称ARD) は、AppleMacリモート管理ソフトである。

概要[編集]

その前身はApple Network Assistant[1]。Apple Remote Desktop(ARD)が2002年8月にリリース[2]された当初はCarbon化されたMac OS X対応のApple Network Assitant機能限定版ともいえる機能であった。2004年6月21日発表されたARD 2でVNCベースとなるとともにMac OS X専用ソフトとして生まれ変わった[3]。2006年4月11日に発表されたARD 3では Mac OS X v10.4を活かす機能も搭載され、利便性の向上とともにパフォーマンスアップがはかられている[4]2007年10月18日リリースのARD 3.2からはMac OS X v10.5に、2009年8月21日リリースのARD 3.3からはMac OS X v10.6に対応している。

2015年1月27日、アイコンが(通称フラットデザイン[5]となったARD 3.8からは、OS X Mavericks~OS X Yosemite対応、Mac App Storeでのみの配布となり、無制限クライアント版が従来の57,000円[4]から9800円[6]へと大幅に値下げされた。従来のユーザに対しては、シリアル番号不要だがApple IDと関連付けされたRemote Desktop.appがアップデートとしてダウンロードされる仕組みとなった。それにより、複数のMacに管理ソフトをインストールすることができるようになった。ARD 3.9 (2017年2月21日) では、通信セキュリティ強化やTouch Barのサポートが追加され、OS X Yosemite 10.10.5以降の対応となった[注 1]

バージョン3以前のARDによる暗号化は、パスワード、マウスイベント、キーストロークのみで、画面やファイル転送は対応していなかった。これらの利用には、Apple自身が、VPNを推奨していた。ARD 3.0ではAES128bitが利用できるようになった。

2020年11月17日にリリースされたARD 3.9.4では、macOS Big SurAppleシリコンを搭載したMacに対応した[7]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 公式サイト参照

出典[編集]

外部リンク[編集]