HFS Plus

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
HFS Plus
開発者 アップル
正式名 Hierarchical File System Plus
導入 1998年1月19日 (Mac OS 8.1)
パーティション識別子 Apple_HFS (Apple Partition Map)
0xAF (MBR)
Apple_HFSX (Apple Partition Map)
48465300-0000-11AA-
AA11-00306543ECAC
(GPT)
構造
ディレクトリ B*木
領域管理 B*木
不良ブロック B*木
限度
最大ファイル サイズ 8EiB[1]
最大ファイル数 Unlimited
最大ファイル名長 255文字
最大ボリューム サイズ 16EiB
ファイル名の文字 255文字NULLを含むUnicode文字(UTF-16、互換性のため、OSレベルでの制限をする場合がある)
特徴
タイムスタンプ アクセス, 属性修正、バックアップ、コンテンツ修正、作成
日付範囲 1904年1月1日 - 2040年2月6日
日付分解能 1s
フォーク あり
属性 Color (3 bits, all other flags 1 bit), locked, custom icon, bundle, invisible, alias, system, stationery, inited, no INIT resources, shared, desktop
パーミッション Unix パーミッション, ACLMac OS X v10.4以降)
透過的圧縮 あり, HFS compression (Mac OS X v10.6以降)
透過的暗号化 なし,
Mac OS X v10.3以降はホームディレクトリ毎、AES .dmg ボリューム(Mac OS X v10.3以降のFileVault)
対応OS Mac OS 8, Mac OS 9, Darwin, Mac OS X, Linux, FreeBSD
テンプレートを表示

HFS+Mac OS拡張フォーマット)はHFSから置き換わるMac OS及びMac OS Xで利用される主要なファイルシステムである。このファイルシステムはiPodでも使用される。開発中、アップルはこのファイルシステムを "Sequoia" と名付けていた[2]

HFS+の大きな改善点は、ブロックサイズが4KB固定になり、以前より大量のファイルを扱えるようになったこと、巨大なサイズのファイルをサポートするようになったこと、ファイル名にUnicodeを利用すること、長いファイル名が付けられるようになったことである。HFSはフロッピーディスクで利用されていた頃は、これらの制限は大きな問題ではなかったが、大きなストレージデバイスが増えるにつれて、深刻な問題へとなっていった。またHFSのマルチフォークシステムを拡張し、多くのフォークの利用もできるようになった。このマルチフォークは現在、拡張属性 (EA) の保存のために利用されている。

HFS+の歴史[編集]

HFS+は1998年1月19日、Mac OS 8.1のリリースで導入された[1]。もともとはCoplandを想定して開発された技術であり、その存在はCopland開発中から知られていた。

アップルは、2002年11月11日のMac OS X v10.2のアップデートのリリース10.2.2で、データ信頼性を高めるジャーナリングファイルシステム機能をHFS+に加えた。

Mac OS X v10.3ではファイルシステムの扱いが大幅に拡張された。ファイルにメタデータ部が追加され、頻繁にアクセスされるファイルをドライブの外周のアクセスの高速な領域に自動的に移動し、同時に断片化を解消するHot File Adaptive Clusteringを組み込んだ。HFSXと呼ばれる拡張バージョンのHFS+も導入した。HFSXはディレクトリとファイルの名前の扱いについて変更があった[3]

Mac OS X v10.4では以前利用していたUNIXパーミッションのほかに、Windows XP及びWindows Server 2003ACLと互換性のあるACLのサポートを追加した。また、将来のリリース向けに予約されていた拡張属性 (extended attribute) のサポートも加えた。

他のオペレーティングシステム[編集]

Windows[編集]

  • 読み取りのみ可能
    • Boot CampのHFS+ドライバ…OS X 10.6以降のBoot Campで提供されている。
    • HFSExplorer…HFS+ボリュームを読み、ファイルをコピーすることができる。GPLライセンス。
    • jHFSplus…HFS+ボリュームをフォルダとしてマウントすることができる。
  • 読み書き可能
    • MacDrive…読み書き可能な商用ユーティリティ。

FreeBSD[編集]

5.3-RELEASE以降でマウントすることができる。

Linux[編集]

カーネル2.4.22以降でマウントすることができる。

XBox 360[編集]

HFS+でフォーマットされたiPodを読むことができるMicrosoft製ドライバを搭載している。

脚注[編集]

  1. ^ a b Technical Note TN1150: HFS Plus Volume Format”. Apple Developer Connection (2004年3月5日). 2007年3月28日閲覧。
  2. ^ New Mac OS Extended Format (HFS+) Available”. Apple Developer News (1997年). 2007年3月28日閲覧。
  3. ^ HFS Plus Volume Format HFSX

外部リンク[編集]