ReiserFS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ReiserFS
開発者 Namesys
正式名 ReiserFS
導入 2001年 (Linux 2.4.1)
パーティション識別子 Apple_UNIX_SVR2 (Apple Partition Map)
0x83 (MBR)
EBD0A0A2-B9E5-4433-87C0-
68B6B72699C7 (GPT)
構造
ディレクトリ B+木
領域管理 Bitmap [1]
限度
最大ファイル サイズ 8 テビバイト [2]
最大ファイル数 232 (~42億) [3]
最大ファイル名長 4032バイト/255バイト(VFSによる制限)
最大ボリューム サイズ 16 テビバイト [4]
ファイル名の文字 NULと/以外使用可能
特徴
タイムスタンプ 修正, メタデータ変更, アクセス
日付範囲 1901年12月14日から2038年1月18日
日付分解能 1s
フォーク 強化属性
パーミッション Unixパーミッション, ACL, 任意のセキュリティ属性
透過的圧縮 なし
透過的暗号化 なし
対応OS Linux
テンプレートを表示

ReiserFS(ライザーエフエス)は、Linuxにおけるジャーナリングファイルシステムの実装の一つ。Linux kernel 2.4.1から標準搭載となった。Linuxカーネルのソースコードに取り込まれたはじめてのジャーナリングファイルシステムである。

1996年からハンス・ライザー(Hans Reiser)率いるNamesys社によって開発されていたが、後継のReiser4の開発に集中するため開発が中止された。2006年にハンス・ライザーが妻の殺害容疑で逮捕された後、2008年にNamesys社も廃業し、現在はボランティアベースで開発が進められている。

主な特徴[編集]

  • ext2/ext3ファイルシステムと互換性は無い。
  • 最大16TiBまでのボリュームサイズをサポートする。
  • 最大8TiBのファイルをサポートする。
  • ext2/ext3よりもパフォーマンスに優れるとされており、特にサイズの小さいファイルを多数処理する際に優れている。

ディストリビューション[編集]

2000年代中頃においてはいくつかのLinuxディストリビューションにおいてデフォルトのファイルシステムとなっていた。多くのディストリビューションで、インストール時にファイルシステムとして選択できた。大手ディストリビューションの中ではSUSE Linuxで採用されていたのが代表的である。

しかしハンス・ライザーが殺人罪で逮捕された2006年に、後継のReiserFSともども著しく評価を落とし[要出典]、SUSEもext3への移行を発表した。

デフォルトとして採用されている物の一覧はen:Comparison of Linux distributions#Technicalを参照。