ext3

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ext3
開発者 オープンソースコミュニティー
正式名 Third extended file system
導入 2001年11月 (Linux 2.4.15)
パーティション識別子 0x83 (MBR)
EBD0A0A2-B9E5-4433-
87C0-68B6B72699C7
(GPT)
構造
ディレクトリ テーブル, ツリー
領域管理 ビットマップ, テーブル
不良ブロック テーブル
限度
最大ファイル サイズ 16GiBから2TiB
最大ファイル数 指定による
最大ファイル名長 255バイト
最大ボリューム サイズ 2TiBから32TiB
ファイル名の文字 NULと/以外使用可能
特徴
タイムスタンプ 変更, 属性変更, アクセス
日付範囲 1901年12月14日から2038年1月18日
日付分解能 1s
フォーク 可能
属性 No-atime, append-only, synchronous-write, no-dump, h-tree (directory), immutable, journal, secure-delete, top (directory), allow-undelete
パーミッション UNIXパーミッション, ACL, 任意のセキュリティ属性
透過的圧縮 なし
透過的暗号化 なし(ブロック デバイス レベルを提供)
重複排除 無し
対応OS Linux, BSD, Windows(IFS経由)
テンプレートを表示

ext3は、third extended file systemの略で、Linuxファイルシステムである。ジャーナリングファイルシステムの一つ。 Linuxカーネル 2.4.15より利用が可能になった。

ext3ファイルシステムドライバのためのワークアラウンドが必要になっていること、著名なディストリビューションがLinux 2.6.33で追加されたext2ファイルシステムドライバとext3ファイルシステムドライバを使用せずext4ファイルシステムドライバでext2とext3を取り扱う設定を有効にしたカーネルでリリースするようになってから既に数年経ち問題が起きていないこと、カーネルからext3ファイルシステムドライバを削除し前述の設定だけにしたとしても互換性問題が発生しないことなどを理由にLinux 4.3で削除された。[1]

長所[編集]

ext2と互換性が高い。ext2パーティションをマウントしたままext3に変換することが可能であり、ext2ファイルシステムとしてマウントすることもできる(ただし、この場合には、ジャーナリング機能を使用することはできない)。

ext2に比べext3には以下の機能が加わっている。

  • ジャーナリング
  • 複数のブロックに跨るディレクトリに対してのツリーベースのディレクトリインデックス
  • オンラインファイルシステムリサイズ(拡張のみ)

dir_indexオプションをつけると、ディレクトリ内の検索に、hashed b-tree を使うことができ、ディレクトリ内に多数のファイルがある場合、劇的に高速化する。

短所[編集]

機能[編集]

ext3はext2と高い後方互換性を持つことを目指して作られているので、構造の多くがext2と類似している。そのため、ext3は最近のファイルシステムが持っているいくつかの特徴(例えばi-nodesと可変ブロックサイズのダイナミックアロケーションなど)を持っていない。

ファイルシステムに書き込みが行われている間、ext3ファイルシステムはfsckすることができない。

右の日付範囲の欄に見られるようにタイムスタンプが2038年1月18日以降の日付に対応していない。2008年頃から2038年問題に対応済みのext4方式に移行している。

圧縮[編集]

ext3では、非公式パッチの形で透過的な圧縮方法を使用することができる。

比較[編集]

改良が年々重ねられていて、速度は徐々に速くなっている。他のファイルシステム、ReiserFSXFSと比べ、劣っている部分と勝っている部分がある。

CPUリソースの消費は少なめといわれる。

脚注[編集]

  1. ^ LKML: Jan Kara: [GIT PULL] Ext3 removal, quota & udf fixes” (2015年8月31日). 2015年12月26日閲覧。

関連項目[編集]