aufs

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

aufs (AnotherUnionFS) はもう一つのバージョンの UnionFS、つまり Linux ファイルシステムに対する union mount を実装するファイルシステムサービスである。2006年の始めから岡島順治郎によって開発されてきた[1]

aufs は UnionFS を完全に書き換えるもので、信頼性とパフォーマンスの改善を狙いとしている。aufs は書き込み可能なブランチのバランシングのような新しい概念や多くの改善も取り入れている[2]。これらの新しいアイディアの一部は UnionFS 2.x ブランチで再実装されてきている。

「より良い安定性とパフォーマンスのために」[3] 2006年の終わりから UnionFS を置き換えるものとして Knoppix Live CD Linuxディストリビューションで aufs が選ばれてきた。この union サービスはバージョン6から SLAX(と一般に Linux-Live のスクリプト)における UnionFS を置き換えた[4]

ASUS Eee PC モデル 901 で利用できる Xandros Linux ディストリビューションの UnionFS を aufs は置き換えた。

Debian, Ubuntu 系では aufs を利用し、ファイルシステムへの変更を tmpfs に保存するためのツールスクリプト fsprotect が入っていて、マシンを再起動させたらファイルシステムを元に戻せる[5]

脚注[編集]

  1. ^ 岡島順治郎によってメンテナンスされている aufs プロジェクトの履歴
  2. ^ プロジェクトの公式サイト内の aufs の目標と新しい特徴
  3. ^ Knoppix リリースノートでは UnionFS から aufs への切り替えが説明されている
  4. ^ より良い安定性のために Linux Live スクリプト は AUFS を使っている。
  5. ^ fsprotect

関連項目[編集]

  • ファイルシステム
  • UnionFS - Erez Zadok 教授と Stony Brook 大学における彼のチームによって開発された aufs より古い union mount プロジェクト

外部リンク[編集]