Transaction-Safe FAT File System

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

Transaction-Safe FAT File System (TFAT) および Transaction-Safe Extended FAT File System (TexFAT) は、ディスクに格納されたデータに対するトランザクションセーフ機能を提供するためにマイクロソフト製品の中で使われるファイルシステム。 ドライブの電源が喪失したり、予期せずデータを削除した場合に発生するデータ損失のリスクを軽減させることを目標としている。 予期せずデータを削除してしまう問題はUSBドライブの普及により一般的になっている。


TFAT[編集]

Transaction-Safe FAT File Systemのうち、TFAT12TFAT16TFAT32 は元来のFATファイルシステムであるFAT12FAT16FAT32フォーマットドライブに対しドライバ層で修正を施す。TFAT環境下では、ファイルを2つ残す代わりにファイルアロケーションテーブルを2つ (FAT0, FAT1) 保持する。ファイルに変更が加えられた際には、FAT1のみに変更を書き込む。ファイルの変更が終わり次第、FAT1の内容がFAT0にコピーされる[1]

TexFAT[編集]

Transaction-Safe Extended FAT File System (TexFAT) はFATフォーマットの代わりにexFATファイルシステムを使用している環境下でTFATと同様の機能を提供する。Windows Embedded CE 6.0と同時に発表されたが、偶にTFATと表記されることがあり、元来のTFATとの混同を招いている[2]

フォーマットとしてexFATを使用することで、より大きなファイルやディスクを扱うことができる。しかし、TexFATを使用するには、TexFATボリュームが存在する媒体の種類に合わせて設計された、ハードウェア固有のドライバが必要となる[2]

制限[編集]

デスクトップ版OSではTFATおよびTexFATのいずれもサポートされていないため、リムーバブルメディアにおいてこれらを使用することは推奨されていない。デスクトップ版OSであってもTFAT・TexFATドライブを読み込むことはできるが、トランザクションセーフ機能を使用できるわけではないため、意図せずメディアを取り外してしまったり、ドライブの電源が喪失した際にはデータが消える恐れがある。また、たとえTFAT/TexFATに対応した機器に接続されていたとしても、デスクトップ版OSで作成されたディレクトリに対してはトランザクションセーフ機能が働かないこともある[1]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b TFAT Overview
  2. ^ a b Transaction-Safe Extended FAT File System