SquashFS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

SquashFS (.sfs)Linux向けの 圧縮された読み込み専用ファイルシステムである。SquashFSはファイルinodeディレクトリを圧縮し、高圧縮のためブロックサイズを1024KBまでサポートする。SquashFSファイルシステムにアクセスするための(GPLでライセンスされた)フリーソフトウェアもSquashFSと呼ばれる。

SquashFSは低いオーバーヘッドが要求され、ブロックデバイスメモリの制限が厳しい(組み込みシステムのような)システムを対象とした汎用読み取り専用ファイルシステムである。SquashFSにLZMA圧縮をもたらすプロジェクトもある[1]が、標準的なバージョンのSquashFSはgzip圧縮を使っている。

利用[編集]

SquashFSはLive CDバージョンのDebianFinnixGentoo LinuxGPartedUbuntuFedoragNewSense、そしてOpenWRTDD-WRTルータのファームウェアのような組込みディストリビューション上で使われている。Live Linuxディストリビューションなどの読み取り専用メディアにインストールされているシステム対して読み書き環境を提供するため、SquashFSはUnionFSaufsのようなunion mountファイルシステムとしばしば併用される。これにより、SquashFSの高速圧縮機能と、動作中にファイルを変更する機能の両方を利用することができる。SLAXDebian LiveMandriva Oneのようなディストリビューションはこの組み合わせを使っている。

SquashFSのディスク上のフォーマットは十分安定しておりLinuxカーネルのバージョン2.6.29にマージされた[2]

関連項目[編集]

  • Cramfs - もう一つの読み込み専用圧縮ファイルシステム
  • zisofs - ISO 9660 ファイルシステムへの透過的圧縮拡張
  • cloop英語版 - Linuxカーネル向けの圧縮ループバックデバイスモジュール

脚注[編集]

外部リンク[編集]