GParted

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
GParted
Breezeicons-apps-48-gparted.svg
GParted 0.18 GUID partition table.png
GParted 0.18 showing a GPT-partitioned hard disk
開発元 GParted developers
初版 2004年8月26日(14年前) (2004-08-26
最新版 0.28.1-1 / 2017年2月19日(23か月前) (2017-02-19[1]
リポジトリ gitlab.gnome.org/GNOME/gparted/
プログラミング言語 C++ (gtkmm), C[2]
対応OS Linux
種別 Partition editor
ライセンス GNU GPL
公式サイト gparted.sourceforge.net and gparted.org
テンプレートを表示

GParted (GNOME Partition Editorの頭文字語) はGNU PartedGTK+フロントエンドであり、(Disks英語版と共に) GNOMEの公式パーティション編集アプリケーションである。GPartedはディスクパーティションファイルシステムの作成、削除、リサイズ、移動、検査、そして複製に使用される。新しいOS用の領域の作成、ディスク使用状況の再編成、ハードディスク上のデータの複製、そしてあるパーティションの別パーティションへのミラーリング (ディスクイメージング) に有用である。

背景[編集]

GPartedはlibpartedを用いてデバイスとパーティションの検出と操作を行う。なお、libpartedの対象外であるファイルシステムへの対応は、いくつかの (オプションの) ファイルシステムツールによって提供される。こうしたオプションのパッケージは実行時に検出されるので、GPartedの再構築は必要ない。

GPartedはC++で書かれており、gtkmmを用いてGTK+と連携する。全体的には、GUIをできるだけシンプルにし、GNOMEヒューマンインターフェースガイドラインに準拠するというアプローチを取っている。

GPartedプロジェクトはライブCDライブUSB、または他のメディアに書き込み可能なGParted同梱のライブOSを提供している[3]。このOSはDebian GNU/Linuxベースである。また、GPartedは最近のバージョンのPuppyKnoppix、そしてParted Magic英語版等、他のGNU/LinuxライブCDでも利用可能である。

GPartedの代替ソフトウェアはDisks英語版(GNOME Disks) である。

対応している機能[編集]

GPartedはファイルシステムの以下の操作に対応している (コンパイル時に全機能を有効にし、必要なツールがシステム上にすべて揃っている場合)。「複製」欄はGPartedが該当ファイルシステムをクローニングできるかどうかを示す[4]

検出 読み込み 作成 拡張 縮小 移動 複製 検査 ラベル UUID
BitLocker Yes No No No No No No No No No
Btrfs Yes Yes Yes Yes Yes Yes Yes Yes Yes Yes
crypt / LUKS Yes No No No No No No No No No
exFAT[5][6] Yes No No No No Yes Yes No No No
ext2 Yes Yes Yes Yes Yes Yes Yes Yes Yes Yes
ext3 Yes Yes Yes Yes Yes Yes Yes Yes Yes Yes
ext4 Yes Yes Yes Yes Yes Yes Yes Yes Yes Yes
F2FS Yes No Yes No No Yes Yes No No No
FAT16 Yes Yes Yes Yes Yes Yes Yes Yes Yes Yes
FAT32 Yes Yes Yes Yes Yes Yes Yes Yes Yes Yes
HFS Yes Yes Yes No Yes Yes Yes No No No
HFS+ Yes Yes Yes No Yes Yes Yes Yes No No
JFS Yes Yes Yes Yes No Yes Yes Yes Yes Yes
swap Yes No Yes Yes Yes Yes Yes No Yes Yes
LVM2 PV Yes Yes Yes Yes Yes Yes No Yes No No
NILFS2 Yes Yes Yes Yes Yes Yes Yes No Yes Yes
NTFS Yes Yes Yes Yes Yes Yes Yes Yes Yes Yes
ReFS Yes No No No No No No No No No
Reiser4 Yes Yes Yes No No Yes Yes Yes No No
ReiserFS Yes Yes Yes Yes Yes Yes Yes Yes Yes Yes
UFS Yes No No No No Yes Yes No No No
XFS Yes Yes Yes Yes 部分的 Yes Yes Yes Yes Yes

GPartedを用いたクローニング[編集]

GPartedはコピー&ペーストマウスジェスチャーでクローニングすることができる。ディスク全体のクローニングはできず、1度に1パーティションのみクローニングできる。GPartedでクローニング操作を実行するとき、コピー元のファイルシステムは使用中であってはならない。GPartedはファイルシステムレベルでパーティションをクローニングするため、コピー元のファイルシステムがコピー先のパーティションの大きさを超えない限り、同じコピー元から異なる大きさのコピー先にクローニングすることができる[7]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ Gedak, Curtis (2017年2月19日). “GParted News”. GParted. 2017年2月24日閲覧。
  2. ^ http://www.ohloh.net/p/32097
  3. ^ Gparted Live CD”. 2013年4月6日閲覧。
  4. ^ GParted Features”. 2015年2月4日閲覧。
  5. ^ Feature Requests: exFAT (aka FAT64)
  6. ^ Bug / Enhancement 639760 - exfat / fat64 support?
  7. ^ Gparted Manual: Copying and Pasting a Partition”. 2018年2月3日閲覧。

外部リンク[編集]