ホームディレクトリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ホームディレクトリ(home directory)はマルチユーザシステムコンピュータにおけるディレクトリの種類のひとつ。通常、ユーザがログインした際のカレントワーキングディレクトリである。ホームディレクトリが存在しない場合、ユーザはログインすることができない。

Unix系OS[編集]

マルチユーザのコンピュータにおいて、ユーザが自由にファイルやサブディレクトリを作成、保存できるディレクトリである。ユーザ自身の作成したプログラムや書類、ユーザ独自の設定ファイルなどを保存することができる。ホームディレクトリがどこにあるかは、システムの設定ファイルである /etc/passwd に記述されている。

そのシステムで標準とされるホームディレクトリの位置は、システムにより異なる。

  • /home/username - 多くのUNIXや、BSDLinuxのディストリビューションの多くで使用される。
  • /export/home/username - Solarisで使用されることがある。
  • /Users/username - Mac OS XNEXTSTEPOPENSTEPなどで使用される。
  • /usr/namename - 初期のUNIXで使用された[1]/usr はユーザファイルシステムのことである。

Unix系OSにおけるスーパーユーザである root のホームディレクトリは、他のユーザと違い/や、/rootなどである。これらのユーザのホームディレクトリは、ルートファイルシステムに置かれる。まずあり得ないが、root のホームディレクトリが、他のスライス(パーティション)や、NFS上にあった場合、rootがログインできなくなってしまう。

ホームディレクトリの情報は環境変数HOME に設定されており、オペレーティングシステム上で動作する様々なプログラムがこれを参照する。また、多くのシェルでは~で、ホームディレクトリを表す。シェルのビルトインコマンドである cd を引数なしで実行すると、ホームディレクトリへ移動することができる。なお、ホームディレクトリを~で示すことに関して、当時の現役機でviの開発機でもあったADM3Aのキーボードでは、HOMEキーと~キーは同じキーの上に刻印が施されている[2]

Windows[編集]

Windows95 OSR2以降でホームディレクトリ相当の概念が導入された。Windowsにおいてはシステムドライブのドライブ名が通常はC:のため、ここではC:であると仮定して話を進める。

なお、UNIX系OSのようにユーザ自身の作成したプログラムや書類(マイドキュメント ディレクトリ)とともに、プログラムや環境の設定(レジストリファイルやプログラムの設定ファイル)がホームディレクトリに格納されるようになったのは、Windows95系をマルチユーザで設定した場合およびWindows NT以降である。

それ以外のOS[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ブライアン・カーニハンロブ・パイク 『UNIXプログラミング環境』 石田晴久、アスキー、1985年(原著1984年)。ISBN 978-4871483513
  2. ^ ADM3Aのホームキーの拡大図”. 2009年5月31日閲覧。

関連項目[編集]