OPENSTEP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
OPENSTEP
開発元企業 / 開発者 NeXT
OSの系統 UNIX
開発状況 終了(Mac OS XMac OS X Serverに引継ぎ)
ソースモデル クローズドソース
最新安定版リリース 4.2 / 1998年
カーネル種別 ハイブリッドカーネル
ライセンス プロプライエタリ

OPENSTEP(オープンステップ)は、オペレーティングシステムソフトウェアの一仕様、またそれに準拠したNeXT Softwareの製品名でもある。

先進的な設計から非常に評価の高かったNEXTSTEPのうち、Machカーネル (XNU) と切り離した上位フレームワーク層を整理してFoundation/AppKitを取り出したもので、公開仕様として1994年9月に発表されたものはOPENSTEP Enterprise(サン・マイクロシステムズとの共同開発)と呼ばれ、稼動実績としては SolarisHP-UXWindows NT上のものがあった。また従来のNEXTSTEPはバージョンアップされOPENSTEP for Machとしてリリースされた。これらはソースコードレベルのクロスプラットフォームを実現しており、基本的に再コンパイルのみでソフトウェアの移植が可能である。

Mac OS XiOSCocoaやWindows版WebObjectsに付属する開発実行環境はOPENSTEP直系のフレームワークである。他に有志により一から開発されたクローンGNUstepもある。これはX11、Windows NTで動作する。

OPENSTEPの生産性の高さを示す一例としてはティム・バーナーズ=リーの証言が挙げられる[1]。記述によれば「他のプラットフォームならば1年以上かかることをNEXTSTEP上では2カ月でできた」とあり、実際バーナーズ=リーはほとんどコードを書く事なく最初のウェブブラウザWorldWideWebを書き上げている。

他にも、例えばJavaのクラス設計にはOPENSTEPの強い影響があるといわれる。このように普及こそしなかったものの周囲に与えた影響は小さくない。