Microsoft Windows 2000

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マイクロソフト > Microsoft Windows > Windows NT系 > Microsoft Windows 2000
Windows 2000
Microsoft Windows ファミリー
Windows 2000.jpg
開発者
マイクロソフト
ウェブサイト www.microsoft.com/japan/windows2000
リリース情報
リリース日 2000年2月18日(日本語版)[1] [info]
最新安定版 5.0.2195(SP4 Rollup 1 v2) - 2005年9月14日 [info]
ソースモデル MS-SSI
ライセンス Microsoft EULA
カーネル ハイブリッドカーネル
対応プラットフォーム IA-32, IA-64
サポート状態
サポート終了(いずれも米国日時)
メインストリーム サポート終了日:2005年6月30日(終了済み)
延長サポート終了日:2010年7月13日(終了済み)[2]

Windows 2000(ウィンドウズ にせん[要出典])はマイクロソフトがWindows NT 4.0の後継バージョンとして発表したWindows NT系オペレーティング システムである。略称はWin2000、Win2k、W2K。コードネームCairo(カイロ)

概要[編集]

Windows 2000はWindows 9x系に比べて安定性・堅牢性に優れた NTカーネルを基に開発された。当初の正式名称は「Windows NT 5.0[3]」として発表されていたが、後に現在のものに変更された[4]。主に業務用として位置付けられている。しかし、開発当初からWindows NT系とWindows 9x系の統合が計画されていたため、一般ユーザーへも十分に対応できるようWindows 9x系のユーザーインターフェイスも取り込まれている[5]

当初の製品版では65000件以上の問題を抱えていた[6]と揶揄(65536=2の16乗であり具体的な数ではなくネタ)されたが、数度のサービスパックの適用により、安定性や使い勝手なども登場当初と比べると格段に向上した。当初は各種ドライバ類が少なく、特にマルチメディア関連機器の多くに非対応という弱点を抱えていた。しかし次第に専用もしくはWindows XP互換のドライバが開発された。

Windows NT系は移植性を高める設計が行われており、前バージョンのWindows NT 4.0ではPowerPCDEC Alphaなどの複数のプラットフォームに向けて販売されていた。しかしIA-32以外のプラットフォームが事実上消滅してしまったため、Windows 2000ではβ3までは複数存在していたものの、結局IA-32以外の発売は取り止めとなった。ただし後述の「Windows Advanced Server, Limited Edition」についてはIA-64(Itaniumシリーズ)用が後にリリースされた。また、PC-9800シリーズの対応もWindows 2000を最後に終了した。

Windows 2000はサーバー用とクライアント用が同一の製品名として発売された最後のWindowsではあるが、後期のサーバエディションである「Windows Datacenter Server Limited Edition」や「Windows Advanced Server, Limited Edition」からは「Windows 2000」の名称が外れている。これ以降のWindowsのリリースでも同様に、サーバー用とクライアント用が別のバージョンや別の製品名で別けて発売されている。

2015年8月現在、Windows 2000はWindows 9x(Me除く)/NT/XPと同様に、企業・法人向けのボリュームライセンス契約者に限定したダウングレード権としてライセンスのみ[7]提供が継続されている[8]。その他のサポートとしては、それまでに提供された修正モジュールがダウンロードできる「オンラインセルフヘルプサポート」[9]があるほか、企業等の契約者に対する有料の「カスタマーサポート」にて新たなOS環境へ移行するための手助けを受けられる。しかし延長サポートがすでに終了しているため、新たな修正モジュールは必ずしも開発されているわけではない。その後もいくつかの更新プログラムが提供されている[10]が、無論すべてのhotfixが対応しているわけではなく、Windows 2000では延長サポート中でさえ開発困難なパッチは対応が見送られるケースもあった[11]。また充分な動作検証が行われていない場合もある[12]

Windows 2000は主に企業で多く用いられていたため、資金難等の理由からシステム更新の遅れた企業で需要が残るケースが少なくなかった[13]。実際、後続OSであるWindows XPのサポートも終了した2014年4月時点ですら、XPを利用して構築されたサーバは世界で6000件程度なのに対し、(サーバエディションの存在する)Windows 2000については50万台ものサーバがなおも稼動しているという[14]。さらに、"Windows 2000 Professional for Embedded Systems"は2015年3月31日までサポートされるという事情もあった。こうした問題に目を付けた一部のセキュリティソフトベンダでは独自サポートを継続する動きも見られ[15]、企業向けのセキュリティソフトでは2016年までサポートされている例[16]もある。ただし、そうしたセキュリティベンダでも基本的には新しい環境への移行を推奨している。独立行政法人情報処理推進機構(IPA)も、根本的な解決ではないとしながらもシステム更新までに時間が掛かる場合のつなぎとしてセキュリティツールの使用を指導している。またIPAはこうしたサポートの終了した旧OSのセキュリティ上の危険性を指摘しており、なるべく、ネットワークに接続しない単独の専用システム(スタンドアローン)にしたうえでUSBメモリFDMO、外付けHDD等の外部補助記憶装置でデータ交換しないことを呼びかけている[17]

2014年現在、インストールしたての素の状態のWindows 2000(SP4含む)ではWindows UpdateやMicrosoft Updateにアクセスできず、別ページに転送される状態になっている。しかし既存の(アップデート済みの)2000では普通にWindows UpdateやMicrosoft Updateにアクセスできる状態にある。つまり、新規にWindows 2000をセットアップする場合は、あらかじめ最低限Windows Updateにアクセスできるだけの、いくつかのアップデートを手動で行っておく必要がある。

出荷本数の推移
本数 日付
50万本(米国) 2000年3月7日発表[18]
100万本(全世界) 2000年3月14日発表[19]
150万本 2000年4月20日[20]

特徴[編集]

Windows 9x系統からの機能[編集]

Windows 2000での新機能[編集]

Active Directory
Active Directoryは、Windows NT 4.0サーバー以前に導入や利用されていた「NTドメイン」に代わる新たな概念として導入された。
NTFS 3.0(NTFS5, NTFS2000)
Windows NTで採用されているNTFSにさらなる改良を加えたファイル システム。各ユーザーアカウントごとに使用できるディスク容量を制限できる「ディスク クォータ」が装備された。また、ファイル システムそのものを暗号化する機能も搭載され、セキュリティ保護に関連する機能が強化された。
Windows/Win32 Driver Model(WDM
それまで、デバイスドライバは通常Windows 95とWindows NTでは異なるものが必要であった。しかし、この問題を解決するためWin32 Driver Modelが導入され、これに従って開発されたドライバはWindows 98/98SE/MeでもWindows 2000でも同じものが使えると謳われた(Windows 95とWindows NT 4.0もしくはそれ以前は未対応)。
そのほかにも、AT互換機とPC-9800シリーズの間でドライバの互換性が高まるという一面もあった[21]
しかし、結果的に目論見は失敗し、Windows Driver Modelへとスケールダウンすることになる。Windows Driver ModelとWin32 Driver Modelの違いは、ドライバのバイナリ互換(Win32 Driver Model)であるか、ソース互換(Windows Driver Model)であるかの違いである。
自動インストーラへの対応
アプリケーションを自動修復できるプログラムがある場合、備え付けのWindowsインストーラ サービスによって自動的に修復される。また、Windows 98 / 98 Second Editionにもあったシステムまたはレジストリの自動修復機能も強化され、再セットアップ操作を極力排除している。

そのほかにも

などの機能追加及び強化が図られた。

エディション[編集]

Windows 2000 Professional
クライアント向けのエディションで、パワー ユーザーやビジネスで使用するデスクトップやラップトップのパソコンを対象にしている。また、組み込み向けの OS として同エディションを基にしたWindows 2000 Professional for Embedded Systemsが出荷された。
Windows 2000 Server
ワークグループや小規模なコンピューティング環境向けのエディションで、IISやActive Directoryといったサーバー サービスが揃っている。
Windows 2000 Advanced Server
基幹システム向けのエディションで、Serverエディションに比べよりクラスタリングのサポートなど高機能な機能を含んでいる。2002年7月にはItanium 2 プロセッサで動作する64ビット版のWindows Advanced Server, Limited Edition が発表され、プリインストールされて出荷された[22]
Windows 2000 Datacenter Server
Advanced Serverエディションが対象となるよりも規模が大きなシステム向けのエディションで、プロセッサ数やメモリ容量などが大きなハードウェアをサポートする。Datacenter Edition はパッケージとして販売はされていない。日本語版は提供されていないが、2002年3月にパフォーマンスやスケーラビリティが高いWindows Datacenter Server Limited Edition が出荷された[23]

サービスパック[編集]

サービスパックではないがそれに準ずるものとしてロールアップも複数回登場しているため、時系列上これも併記する。サービスパックはOSバージョンに準ずる扱いであり、それぞれにサポート期間が設定されている。またWindowsコンポーネント追加の際にもサービスパック適用済みのファイルからインストールされる。これに対しロールアップは単に修正プログラム集であり、後からWindowsコンポーネントを追加した際にはそのファイルに対してロールアップは適用されていない[24]。またサポート期限も対象サービスパックの期限に依存する。

Service Pack 1
2000年9月8日に公開された[25]Outlook Expressをバージョン5.0から5.5に置き換えた。2002年8月1日にサポートが終了した。
Service Pack 2
2001年6月1日に公開された[26]。自動的に128ビット暗号機能がインストールされる。また、隠れた機能ではあるが互換性のないアプリケーションを仮想的に実行する互換性機能が導入される(別途使用可能にするための操作が必要になる)。2004年6月30日にサポートが終了した。
Service Pack 2用の更新プログラム セキュリティロールアップパッケージ 1(SRP1)
2002年1月30日に公開された[27]。SP2以降から当時までのセキュリティ関連のアップデートをまとめたもの。SP3以降には含まれている。
Service Pack 3
2002年8月9日に公開された[28]反トラスト訴訟に基づく実装として、Windows XP Service Pack 1 で実装したプログラムの追加と削除内にウェブ ブラウザ電子メール クライアント等の、特定のアプリケーションをサードパーティー製アプリケーションに差し替える「プログラムのアクセスと既定の設定」を実装した。また、Microsoft Java VMの削除や、別途レジストリの操作が必要だが(つまりインストール時点では未対応)137GB以上のハードディスク(48bit LBA)に対応した。2005年6月30日にサポートが終了した。
Service Pack 4
2003年7月3日に公開された[29]。新たにDVD-AudioのほかUSB 2.0IEEE 802.11の規格に標準ドライバで対応した。2010年7月13日にサポートが終了した。
Service Pack 4 用の更新プログラム ロールアップ 1(SP4 Rollup 1)
2005年6月28日に公開された[30]。Service Pack 4公開からの約2年分に公開した修正プログラムをまとめたもので、追加で新しいファイル システム フィルタ マネージャが導入された[31]。しかしリリース後にいくつかの不具合が報告されたため、報告された不具合に対処したパッケージSP4 Rollup 1 v2が2005年9月14日に再度公開されて置き換えられた[32]
Service Pack 5(中止)
2004年11月に開発が中止され、Service Pack 4のロールアップ(SP4 Rollup 1 v2)をもって替えることが決定された[33]

システム要件[編集]

Windows 2000(IA-32版)ハードウェア仕様要求[1]
エディション Professional Server Advanced Server Datacenter Server
プロセッサー 速度 133 MHz以上のPentium互換プロセッサー [2] Pentium III Xeon またはそれ以上
最大搭載数 2 4 8 8
物理メモリー 最低 32 MB(64 MB以上を推奨)[3] 128 MB(256 MB以上を推奨)
最高 4 GB 4 GB 8 GB 32 GB
ストレージ 850 MB以上の空き容量のある2 GBのもの 1 GB以上の空き容量のある2 GBのもの
画面解像度 640 x 480
光学ドライブ CD-ROMまたはDVD-ROMドライブ
その他 Microsoft Mouseまたは互換性のあるポインティング デバイス
  1. 1  PC-9800シリーズを含む。
  2. 2  初期バージョン、SP1、SP2での場合。SP3、およびSP4は最低200MHz以上。
  3. 3  初期バージョン、SP1、SP2での場合。SP3、およびSP4は最低64MB以上(128MB以上を推奨)。

旧バージョンからのアップグレード / アンインストール[編集]

Windows 2000 Professionalは本来、Windows NT 3.5 WorkstationおよびNT 3.51 WorkstationとNT 4.0Workstationからのアップグレードを想定しているが、Windows NT系列のOSと、Windows 9x系列のOSはWin32という共通のAPIを備えている為、Windows 95、Windows 98、Windows 98 Second Edition、Windows Meからでもアップグレードは可能。ただし、どのバージョンからアップグレードしても、旧バージョンに戻す事(アンインストール)はできない(Windows 2000には元々アンインストール機能が備わっていないため)。また、Windows MeはWindows 2000よりも後にリリースされているので本来ならアップグレード対象になっていないはずだったが、Microsoftから2001年2月に正式にWindows MeもWindows 2000のアップグレード対象OSとして認められた。ただし、アップグレードインストールはサポートされておらず、フォーマットしての新規インストールのみがサポートされている。一応、Windows MeからWindows 2000にアップグレードインストールする事自体はできるが、Windows Meからアップグレードすると、Windows Meに備わっていた一部の機能(システムの復元など)が利用できなくなる。また、通常パッケージ版ではWindows 3.1及びそれ以前のOSからはアップグレードできない。

Windows 2000 ServerとWindows 2000 Advanced Serverへは、Windows NT Server 3.51と4.0からのみアップグレード可能。また、Windows 2000の異なるバージョン間でのアップグレードはサポートされていない(Windows 2000 ProfessionalからWindows 2000 Serverにアップグレードする事はできず、その逆もできない。ただし、新規インストールは可能)。

アカデミックパックでは「優待アップグレード版」という形態が取られており、上記に加えWindows 3.1も正式なアップグレード対象に含まれた。さらに他社OSもアップグレード対象であり、パッケージのシールでは具体例としてUNIXOS/2およびMacintoshが挙げられている。すなわちコンピュータシステムごと乗り替える「アップグレード」も想定されている。無論これらはライセンスの話であり、インストールについては通常版と同様に(Windows 95/98/98SE/NT以外からの)アップグレードインストールはサポートされておらず新規インストールしかできない。ちなみにこの「優待アップグレード版」CDから新規インストールを開始すると、アップグレード版であるにも関わらず、旧バージョンのインストールメディアの挿入を要求されない(通常のアップグレード版から新規インストールを開始すると、途中でアップグレード対象製品のCDの挿入を要求されるはずである)。

ボリュームライセンス版ではクライアントOS(Windows 2000の場合はProfessional)について、最新OSへのアップグレードライセンス(に付随するWindows 2000へのダウングレード権)として提供されている。そのアップグレード対象は契約内容によって異なり、場合によっては一部の他社OSがアップグレード対象になることもある。やはりWindows 95/98/98SE/NT以外からのアップグレードインストールはサポートされていない。

新しいバージョンへのアップグレード / アンインストール[編集]

Windows 2000がアップグレード元OSの場合、そのバージョンによってアップグレード先が異なるのが特徴である。Windows 2000 Professionalからアップグレードする場合と、Windows 2000 Server及びWindows 2000 Advanced Serverからアップグレードする場合とでアップグレード先が変わる(Windows 2000 ServerとWindows 2000 Advanced Serverは基本的にアップグレード先が共通だが、Windows 2000 Advanced Serverからアップグレードする場合、Windows Server 2003の下位エディション(Standard)にはアップグレードできないので注意)。

Windows 2000 ProfessionalからはWindows XP ProfessionalかWindows Vistaにのみアップグレードする事ができる。ただし、Windows Vistaへは直接アップグレードする事ができず、新規インストールを行う必要がある。Windows 2000からアップグレードによって(環境を引き継いで)Windows Vistaにしたい場合、間にWindows XP Professionalを挟む必要がある。Windows XP Home Editionにはアップグレードできない(セットアップ開始時に強制終了してしまうので、CD-ROMから起動しないと新規インストールも行えない)。故にWindows 2000 Professionalから直接アップグレードできるのは、Windows XP Professionalのみとなる。

一方、Windows 2000 Server及びWindows 2000 Advanced ServerからはWindows Server 2003かWindows Server 2008にのみアップグレード可能。ただし、Windows 2000 ProfessionalからWindows Vistaにするのと同様、Windows 2000 Server及びWindows 2000 Advanced ServerからいきなりWindows Server 2008にする事はできない。間にWindows Server 2003を挟むか、新規インストールをする必要がある。

また、両バージョン間に互換性は無い為、Windows 2000 ProfessionalからWindows Server 2003にアップグレードしたり、Windows 2000 ServerやWindows 2000 Advanded ServerからWindows XP Professionalにアップグレードする事はできない(いずれもの場合もそのバージョンからセットアップを起動しての新規インストール及び、CD-ROMから起動しての新規インストールは可能)。

Windows 2000がアップグレード元OSの場合、基本的にどのバージョンからどのバージョンにアップグレードしても、新しいバージョンをアンインストールしてWindows 2000に戻す事はできない。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Windows 2000深夜販売レポート:秋葉原編”. Impress Watch (2000年2月18日). 2015年8月21日閲覧。
  2. ^ マイクロソフト サポート ライフサイクル”. マイクロソフト (2015年6月22日). 2015年8月8日閲覧。
  3. ^ なお後述のように後期のIA-64(Itanium)版サーバについては2000ベースでありながら内部バージョンが5.1であり、この影響でx64XPServer 2003は5.2を名乗っている。
  4. ^ Microsoft、NT 5.0の製品名を「Windows 2000」へ変更
  5. ^ 開発段階において、すでにバージョン5.1であるNeptune等の一般ユーザー向けOSが並行開発されており、最終的にWhistlerで統合されることとなった。
  6. ^ 瑠沢るか、「パソトラ るかぽんのパソコントラブル奮闘記」2001年、94頁。
  7. ^ インストールCDの提供は既に終了している。
  8. ^ ボリューム ライセンス、OEM製品、および パッケージ製品のライセンスのダウングレード権 (PDF)”. Microsoft. 2013年3月10日閲覧。
  9. ^ マイクロソフトのサポート ライフサイクルにあるビジネス向け製品のオンラインセルフヘルプサポート期間は「製品が出荷されてから最短10年間」であり、「最短年数」を経過した製品では完全にはサポートされない場合がある。
  10. ^ 例えば2011年9月2012年8月2013年2月といったセキュリティリリースにはいくつか含まれていることが確認できる。
  11. ^ マイクロソフト、作成困難を理由にWindows 2000 Server向けパッチを提供せず”. COMPUTERWORLD (2009年9月9日). 2013年3月10日閲覧。
  12. ^ 例えばKB2803751などは特定の不具合が無ければ導入しないことが推奨されている。
  13. ^ “Windows 2000の維持とパッチ適用に悩む管理者の実態が明らかに”. ITmedia. (2010年2月26日). http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1002/26/news047.html 2011年1月17日閲覧。 
  14. ^ “50万件以上のサイトがWindows XP・2000などサポート切れOSベースのサーバーで動作中”. (2014年4月9日). http://gigazine.net/news/20140409-website-host-on-windows-xp/ 2014年7月4日閲覧。 
  15. ^ 例えば2012年になって日本市場に本格参入したALYacに至っては、当時すでにWindows 2000が延長サポート終了後2年も過ぎていたにもかかわらず動作対象に含めており、2015年3月現在も現行製品となっている。
  16. ^ 標的型攻撃対策ソフトウェア FFR yarai(エフエフアール ヤライ)”. 日立情報システムズ. 2015年3月14日閲覧。 - ただし新規販売は2013年3月末で終了。
  17. ^ コンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況[6月分および上半期]について”. 情報処理推進機構 (2010年7月5日). 2011年1月17日閲覧。
  18. ^ 日経産業新聞』2000年3月7日付
  19. ^ 日本経済新聞』2000年3月15日付夕刊
  20. ^ 『日本経済新聞』2000年4月21日付夕刊
  21. ^ 例えば玄人志向の複合機能PCIカード「CHANPON3」は日本国外のAT互換機用パーツのOEM販売品であるが、PC-9800シリーズでサウンド機能を使う場合はWDMドライバを使うように指示されていた[1]
  22. ^ インテル(R) Itanium 2プロセッサに最適化されたMicrosoft(R) Windows(R) Advanced Server,Limited Edition 1.2日本語版を提供”. マイクロソフト (2002年3月11日). 2010年11月13日閲覧。
  23. ^ 米MSが「Windows Datacenter Server Limited Edition」 - ニュース - nikkei BPnet”. nikkei BPnet (2002年3月5日). 2010年11月13日閲覧。
  24. ^ Windows 2000に対するサービス・パックの提供はまだ続けてほしい”. ITpro/日経BP (2004年11月29日). 2011年5月29日閲覧。
  25. ^ Windows 2000 Service Pack1日本語版がついに登場”. @IT (2000年9月8日). 2010年11月13日閲覧。
  26. ^ Insider's Eye -- 速報;Windows 2000 Service Pack 2 日本語版 1.SP2の入手とインストール”. @IT (2001年6月2日). 2010年11月13日閲覧。
  27. ^ Windows 2000 用のセキュリティ ロールアップ パッケージ 1(SRP1)、2002年1月”. Microsoft (2007年10月29日). 2011年5月23日閲覧。
  28. ^ @IT:Insider's Eye -- Windows 2000 Service Pack 3日本語版がついに登場(1)”. @IT (2002年8月10日). 2010年11月13日閲覧。
  29. ^ @IT:Windows HotFix Briefings:Windows 2000 Service Pack 4日本語版登場”. @IT (2003年7月9日). 2010年11月13日閲覧。
  30. ^ Windows 2000用の修正パッチ群「Update Rollup 1」公開”. INTERNET Watch (2005年6月29日). 2010年11月13日閲覧。
  31. ^ 新フィルタマネージャ機能は、Windows 2000で使用できます。
  32. ^ Windows 2000用のUpdate Rollup 1、適用後の不具合を修正した新バージョン”. INTERNET Watch (2005年9月14日). 2010年11月13日閲覧。
  33. ^ Microsoft、Windows 2000 SP5中止とアップデート・ロールアップ提供を正式に発表”. ITpro/日経BP (2004年11月30日). 2011年5月29日閲覧。

外部リンク[編集]