OS X Mountain Lion

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
OS X Mountain Lion
macOS ファミリー
開発者
アップル
ウェブサイト http://www.apple.com/jp/support/osx/
リリース情報
リリース日 2012年7月25日 [info]
最新安定版 10.8.5 - 2013年9月13日 [info]
ソースモデル プロプライエタリ(基盤となるDarwinオープンソース
ライセンス APSL and Apple EULA
カーネル ハイブリッドカーネル (XNU)
サポート状態
終了[1]

OS X Mountain Lion(オーエス テン マウンテンライオン)は、アップルが開発した、OS Xの9番目のバージョンである。バージョンナンバーは10.8。Mac OS X Lionの後継バージョンとして、2012年7月25日に発売された。OS本体の最終セキュリティアップデートは、2015年8月13日にリリースされたセキュリティアップデート 2015-006[2]である。

概要[編集]

2012年2月16日にアップルのサイトで開発が発表されいくつかの新機能が紹介された。同日、開発者(Macデベロッパープログラム登録者)へデベロッパープレビュー版も配布され、一般向けには夏にリリースと発表された。前OSのLion開発発表からは約1年で発表されたこととなる。サイト上の掲載写真によるとGUIもLionからそのまま引き継がれている。また、iOSに由来するアプリや新機能追加に焦点が当てられている。

本バージョン以降のOS Xでは64ビットカーネルでのみの起動となり、32ビット仕様のインテルプロセッサ搭載Macや、32ビットカーネルを採用しているMac Pro (1st) などへの直接インストールが不可となった。

対応環境/システム条件[編集]

  • iMac(Mid 2007 以降)
  • MacBook(Late 2008 Aluminum、またはEarly 2009以降)
  • MacBook Pro(Mid/Late 2007以降)
  • MacBook Air(Late 2008以降)
  • Mac mini(Early 2009以降)
  • Mac Pro(Early 2008以降)
  • Xserve(Early 2009)

インストール先のMacは以下の条件を満たしている必要がある。

  • Mac OS X v10.6.8またはMac OS X Lionがすでにインストールされている
  • 2 GB 以上のメモリが搭載されている
  • 8 GB 以上の空き容量がある

特徴[編集]

OS X Mountain Lionでは、Mac OS X Lionで追加されなかったiOSアプリや、iOS 5で追加されたアプリ・新機能が中心に搭載されている。

追加されたアプリ[編集]

iOS 4以降で追加されたアプリが数々追加されている。また、カレンダアプリの「iCal」や「アドレスブック」といったアプリの名称もiOSと同じように「カレンダー」や「連絡先」に変更された。

メッセージ
iOS 5の新機能「iMessage」をMacで利用するためのアプリ。
  • これまでのSMSアプリ「iChat」の機能は統合され、メッセージに代わる。
  • iPhoneiPadiPod touch間で直接送信可能であり、高品質の写真やビデオも送信することができる。
  • Mac OS X Lion 10.7.3以降でも利用可能。2012年2月16日にベータ版が配布された[3]
リマインダー
iOS 5で追加されたTo Doアプリ。
  • iOSデバイスと同期・共有することができる。
メモ
iOSで従来から存在したメモアプリ。
  • URLが貼り付けられるほか、ピクチャーを貼り付けることも可能。
Game Center
iOS 4.1で追加されたソーシャルゲームアプリ。

新機能[編集]

新機能もiOS 5から由来するものが中心である。

通知センター
  • メールやカレンダーやメッセージなど、新着情報が届いた場合、通知される。
  • 通知された情報をあとで見ることも可能。
共有シート
  • アップル製、サードパーティー製などのアプリケーションでダイレクトにリンクや写真、ビデオを共有することができる。
SNSとの連携
iOS 5同様、Twitterとの連携機能が搭載される。
  • SafariPhoto Boothなどのアプリやサードパーティー製のアプリから直接ツイートすることができる。
OS X Mountain Lion 10.8.2でFacebookとの連携機能に対応。
  • リンクや写真のFacebookでの共有や、連絡先情報やプロフィール写真のMacの連絡先への追加、Facebookに関する通知センターでの通知、Game Center で Facebook の友達との対戦などの機能が追加された。
iCloudサポートの強化、セットアップの簡潔化
OS X Mountain Lionでは、iCloudのサポートの強化と、セットアップの簡潔化が行われている。
  • iOS 5のようなセットアップ方法に変更され、より簡潔に設定が行うことが可能。
  • iCloud対応のサードパーティー製アプリの開発も可能。
  • iWorkのiCloud対応(従来この機能はiOS専用であった)
AirPlay ミラーリング
iPhone 4SiPad 2のみで利用可能であった機能。
  • Apple TVを使ってテレビなどにワイヤレスでOS X Mountain Lionの画面を映し出すことができる。
Safari 6.0搭載
FusionDrive、USB3.0の正式サポート
  • 非公式だがターミナルを起動して2台のドライブを用いてのFusionDriveの作成が可能。

セキュリティー[編集]

Gatekeeper
新しいセキュリティー機能。
  • どこからのアプリのダウンロードとインストールを許可するのか選ぶことができる。

廃止された機能[編集]

32ビットカーネルでの起動[4]
SafariにおけるRSSリーダー
Safariにおけるフォント変更

サーバ版[編集]

Mountain Lionと同時にMountain Lion Serverが開発者に配布され、リリースされることも明らかになった[5]

沿革[編集]

2012年
  • 2月16日 - アップルのサイトで発表。いくつかの新機能の紹介と、デベロッパーへ「デベロッパープレビュー版」が配布された。
  • 3月18日 - 開発者へ「OS X Mountain Lion Developer Preview 2 (12A154q)」が配布された。
  • 7月25日 - Mac App Storeからダウンロード販売にて提供開始。[6]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]