コンテンツにスキップ

ミュージック (アプリケーション)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ミュージック
作者 Apple
開発元 Apple
初版 iOS : 2011年10月12日 (12年前) (2011-10-12)
macOS : 2019年10月7日 (4年前) (2019-10-07)
最新版
macOS : 1.0.0.426 / 2019年10月7日 (4年前) (2019-10-07)
対応OS iOS 5 以降
watchOS[注 1]
tvOS[注 1]
iPadOS[注 1]
visionOS
macOS Catalina 以降
Android 5 以降
Microsoft Windows
対応言語 日本語
サポート状況 サポート中
種別 メディアプレーヤー
ライセンス フリーウェア
テンプレートを表示

ミュージック: Music)は、Appleが開発するiOSiPadOStvOSwatchOSmacOSvisionOS、及びAndroid[注 2]などのマルチオペレーティングシステム向けのメディアプレーヤーである[1]

概要[編集]

ミュージックのiOSバージョンは、2011年10月12日iOS 5で導入され、iOS 4以前に含まれていた「iPod」アプリケーションから置き換わる形でリリースされた[2]tvOSwatchOSiPadOSでは、初期リリース時に含まれていた。macOSでは、iTunesを置き換えるために開発された3つのアプリケーション[注 3]の1つとして、2019年10月7日macOS Catalinaとともにリリースされた[3]。ミュージックは、コンテンツを購入できるiTunes Storeへの集中度が低いという点などで、iTunesとは異なるところがある。現在ではiTunes Storeからダウンロードしてもらうのではなく、Apple Musicというサブスクリプションを開始し、主流となっている[4]

各OSのバージョン[編集]

iOSおよびiPadOS[編集]

iPhoneiPadの「ミュージック」アプリの前には、iPhone OS 1 (現 iOS)で最初にリリースされた「iPod」アプリがあった。2011年10月12日iOS 5のリリースで、初代から「ビデオ」アプリと分離していたiPod touchに合わせる形で「ミュージック」に名称が変更された。その後ポッドキャストオーディオブックiTunes Uも独立したアプリに移行された。2014年CarPlayに対応、2015年iOS 8.4Apple Musicの登場によりアプリの再設計および機能が更新された。2023年にはクラシック音楽に特化した「クラシック」(: Classical) アプリが登場した。

tvOS[編集]

Apple TVでの「ミュージック」アプリは、Apple TV (第2世代)以降で利用でき、iTunes Storeから購入した音楽やiTunes Match英語版と同期した音楽をストリーミングできるが、Apple Musicのサポートで更新されることはない。Apple Musicのサポートは、2015年11月上旬にApple TV HD (旧称 第4世代)のtvOSバージョンに追加された[5]

watchOS[編集]

watchOSでは、「ミュージック」アプリがすべてのバージョンに含まれている。watchOSを使用するApple Watchでは、ペアリングされたiPhoneなしでも使用することができ、音楽をApple Watchに直接ダウンロードできる[6]

visionOS[編集]

visionOSでは、「ミュージック」アプリがすべてのバージョンに含まれている。visionOSを使用するApple Vision Proでは、Apple Musicの曲やミュージックビデオの再生も可能。

macOS[編集]

macOSの「ミュージック」アプリの前に、2001年1月9日にリリースされた「iTunes」アプリがあった。iTunesアプリ内のビデオサポートは2005年5月に有効になった。ポッドキャストやブックのサポートは、それぞれ2005年6月と2010年1月まで続いた。しかし、2010年代までに、このアプリは元の"音楽の範囲"をはるかに超えあまりに多くの機能を搭載して複雑化していき、肥大化について批判されていた[7]。その結果、2019年10月7日にリリースされた新しいバージョンのmacOSであるmacOS Catalinaの登場とともに、Mac版のiTunesが廃止され、音楽は「ミュージック」に、映画は「TV」に、ポッドキャストは「ポッドキャスト」に、iPod/iOSデバイスの管理は「Finder」にというように各機能はiOSの様に個別の新たなアプリへ分割・継承されるに至った[8]。 また、古いmacOS向けの以前のiTunesには影響がなく、当面維持される見込みである。

Windows[編集]

Windows 10以降のWindowsデバイス向けにリリースされた「Apple Music」アプリの前に、2003年10月17日Windows 2000XP向けにリリースされた「iTunes」アプリがあった。こちらもmacOSと同様の理由で2024年2月8日に、音楽は「Apple Music」に、映画は「Apple TV」に、iPod/iOSデバイスの管理は「Appleデバイス」にというように新たなアプリへ分割・継承された。 現状最新バージョンのiTunes for Windowsは完全に廃止された訳ではなく、ポッドキャストとオーディオブック専用のアプリとして残されている。また、古いWindows向けの以前のiTunesには影響がなく、当面維持される見込みである。

Android[編集]

Android 5 (Lollipop)以降のAndroidデバイス向けにリリースされた「ミュージック」は、2015年11月10日に配信された[注 2]。iOSと同様に「Apple Music Classical」も配信された。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b c 全バージョン
  2. ^ a b Android端末向けのミュージックアプリケーションは、「Apple Music」という名称で配信されている。
  3. ^ ミュージック、Podcast、及びTV

出典[編集]

  1. ^ macOS Catalina”. Apple(日本). 2019年12月29日閲覧。
  2. ^ Michael deAgonia (2011年6月9日). “The 5 best features in Apple's iOS 5” (英語). Computerworld. 2019年12月29日閲覧。
  3. ^ Brian X. Chen and Jack Nicas (2019年6月3日). “Apple’s WWDC Highlights: the Death of iTunes and $6,000 Macs” (英語). The New York Times. 2019年12月29日閲覧。
  4. ^ Apple Music”. Apple(日本). 2023年10月31日閲覧。
  5. ^ Oscar Raymundo (2015年10月27日). “Apple Music coming to the new Apple TV next week” (英語). Macworld. 2019年12月29日閲覧。
  6. ^ Christine Kopaczewski (2019年6月6日). “How to add music and other audio to your Apple Watch and listen to it from the watch” (英語). Business Insider. 2019年12月29日閲覧。
  7. ^ Farhad Manjoo (2012年11月29日). “Won’t Someone Take iTunes Out Back and Shoot It?” (英語). Slate Magazine. 2019年12月29日閲覧。
  8. ^ Samantha Murphy Kelly (2019年6月4日). “RIP iTunes as we know it. Apple breaks up iconic music platform”. CNN BUSINESS. 2019年12月29日閲覧。