Mac OS X v10.0

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Mac OS X v10.0
Mac OS X ファミリー
開発者
アップル
ソースモデル クローズドソース
ライセンス APSL、AppleEULA
カーネル ハイブリッドカーネル
サポート状態
終了

Mac OS X v10.0(マック オーエス テン バージョンじってんぜろ)は、アップルが開発・販売していた、Mac OS Xの最初のバージョンである。バージョンナンバーは10.0。コードネームはCheetah(チーター)。Mac OS Xシリーズとしては、初の公式リリースである。2001年3月24日に発売を開始した。

対応環境[編集]

  • 作動するコンピュータ - G3以降のPowerPCを搭載したMacintosh(初期のPowerBook G3を除く)
  • RAM - 最低64MB。(128MB以上を推奨)
  • HDD容量 - 最低800MB(1.5GB以上を推奨)

概要[編集]

OPENSTEPの技術と旧Mac OSの技術を融合し、全く新しいOSとして開発されたもので、従来のMacintoshと比較して劇的に安定性が向上した。 新たにAquaというインタフェースを採用し、従来のMac OSとはデスクトップやFinderのデザインや機能が大きく異なっている。UNIXベースとなっており、TerminalからUNIXコマンドを実行できる。

MailやTextEdit、Chess、PreviewといったNEXTSTEP・OPENSTEP由来のアプリケーションが付属しており、OPENSTEPで評価が高かった開発環境(Interface BuilderProject Builder)のCD-ROMが同梱されていた。

Mac OS Xの初めての公式リリースであったこともあり、当初は機能に制約が多かった。対応機器のドライバが非常に限られており、対応アプリケーションも少なかった。DVDプレーヤーiTunesのようなソフトウェアも、当初は付属しておらず、後からソフトウェア・アップデートで提供された。さらに、動作速度が遅いなど性能の面での欠点が多くあった。

このような欠点は、後継のMac OS X v10.1以降では段階的に解消されているが、v10.0はあまり利用者を獲得できなかった。こうした事から、v10.0は、売り上げなどの面でMac OS Xの非常に苦しいスタートとなり、僅か半年で v10.1へ道を譲ることとなる(アップル自身も数多くの不備を認識しており、v10.1リリース当初にv10.0ユーザ向けで無償アップグレードのCD-ROMが配布された)。

新機能[編集]

  • Aqua - その名の通り水を意識した透明感のあるインターフェース。常時アンチエイリアスで表示され、アルファチャネルを利用した半透明を多用している。
  • Dock - NEXTSTEPから引き継いだ機能だが、半透明を生かしたデザインとなっており、無段階でサイズの変更が可能。DockからCDを再生したり、システムの設定にアクセスできるDocklingも付属。
  • アップルメニュー - システムの再起動や終了、ネットワーク環境の切り替え、システム環境設定、ソフトウェアアップデートなどを呼び出すメニューとなった。
  • アプリケーションメニュー - アプリケーションの終了や環境設定などを呼び出すメニュー。
  • サービスメニュー - Cocoaアプリケーションの機能を他のアプリケーションから呼び出すことができる。
  • ヒラギノ標準搭載 - OpenTypeに対応し、 ヒラギノフォント6書体を搭載。JIS X 0213に準拠。
  • PDF出力 - プリントに対応したアプリケーションでは、PDF出力ができる。
  • Classic - Mac OS 9の互換環境。Mac OS 9.1が付属。
  • マルチユーザ - Mac OS 9の疑似マルチユーザ機能とは異なり、真のマルチアカウントOSとなっている
  • スクリーンセーバ

テクノロジー[編集]

付属アプリケーション[編集]

  • Finder - Mac OSのFinderと同名だが、Carbonによる完全な新規設計。ウィンドウにツールバーを搭載し、最大128ドットのアイコン、255文字までのファイルネーム、NEXTSTEP風のカラム表示などに対応。フォルダナビケーションやラベルなど、従来のFinderにはあったいくつかの機能は搭載されておらず、後のバージョンで復活した。
  • Mail - アップルの開発によるメールクライアントを標準搭載。
  • Address Book - アドレス帳の役割をするソフトウェア。
  • Activity Monitor
  • Console
  • Calculator - 電卓アプリケーション。
  • Clock - 時計。デジタル表示とアナログ表示を切り替えることができ、半透明表示も可能。
  • TextEdit - 従来のSimpleTextを置き換えるテキストエディタで、32KBを超えるテキストファイルの編集が可能。リッチテキストにも対応している。
  • Chess - 3D表示のチェスゲームソフト。
  • システム環境設定
  • Terminal - UNIX系端末エミュレータ。UNIXコマンドが利用可能。ウィンドウの半透明表示ができる。
  • Preview-画像やPDFを扱うためのソフトウェア。
  • Print Center - プリンタや印刷ジョブの管理を行う。
  • QuickTime Player
  • Sherlock 2
  • Stickies - 付箋。
  • Internet Explorer for Mac - マイクロソフト製のウェブブラウザ。

バージョン[編集]