Mac OS X Server 1.0

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Mac OS X Server 1.0
開発者 Apple Computer
OSの系統 BSD/NEXTSTEP
開発状況 終了
最新安定版 1.2v3
プラットフォーム PowerPC
カーネル種別 ハイブリッド
ウェブサイト Mac OS X Server 1.2v3: Read Me
テンプレートを表示

Mac OS X Server 1.xマック オーエス テン サーバ 1.x)は、Apple Computerがかつて販売していたPower Macintosh G3及びPower Mac G4オペレーティングシステム (OS) の一つである。

概要[編集]

Mac OS X Server 1.0(開発コード名Rhapsody)は、Macworld Expo SanFrancisco 1999にてMacintosh G3 Server 1台によるNetBootでのiMac 50台の起動デモを交え、Steve Jobsにより1999年2月より出荷予定(実際には米国では3月発売、日本語版は6月中旬発売)と発表された[1][2]

Mac OS X Server 1.xは、NeXTコンピュータの「OPENSTEP」の技術を導入して作られた、BSDベース(Mach 2.5とBSD 4.4準拠)のUNIX互換OSである。

アプリケーション環境としては、CocoaのベースとなったYellow Box(OPENSTEP API)、BSDやPOSIX準拠のものを備える他、Classic環境のベースとなった旧Mac OS実行環境のBlue Boxを備えMac OS 8.5.xやMac OS 8.6を動作させることが出来た。Carbonは実装されていない。以上の様にMac OS X Server 1.xは、Mac OS XベースのMac OS X Server v10.x系統とは、GUIのみならずカーネルそのものやAPIの違いにより基本的に互換性のない別のシステムである。

含まれるサーバ機能、ソフトウェア[編集]

歴史[編集]

  • 1999年3月 - 最初のバージョン、Mac OS X Server 1.0が発売された[3]
  • 1999年6月 - 最初のバージョンの日本語版、Mac OS X Server 1.0.1が発売された[4]
  • 2000年3月2日 - Mac OS X Server 1.2が発表、3月16日より発売された[5][6]
  • 2000年10月23日 - Mac OS X Server 1.2v3が発売された。Power Mac G4 (Gigabit Ethernet)に対応。

参照[編集]

  1. ^ アップル、デスクトップの1999年ラインアップを発表 −5色のボディカラーから選べるiMac、Power Macintosh G3、Apple Studio Display、Mac OS X ServerがMacworld Expoでデビュー−
  2. ^ MACWORLD Expo/San Francisco基調講演レポート
  3. ^ 米Apple、Mac OS Xサーバーの基本部分をオープンソース化”. pc.watch.impress.co.jp. 2018年4月21日閲覧。
  4. ^ アップル、サーバOS「Mac OS X Server」の新価格を発表” (2000年4月10日). 2018年4月21日閲覧。
  5. ^ アップル、「Mac OS X Server 1.2」を発表” (日本語). Apple Newsroom. 2021年2月26日閲覧。
  6. ^ ASCII. “アップル、サーバーソフトウェアの最新バージョン『MacOS X Server 1.2』のパッケージ版を発表。NetBoot機能で一元的な管理を可能に” (日本語). ASCII.jp. 2021年2月26日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]