アプリケーションパッケージ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アプリケーションパッケージ(Application Package)とは、Mac OS Xにおいて、プログラムと、そのプログラムだけが参照するデータや、プログラムアイコンを一つのフォルダに入れておき、プログラムのインストールとアンインストール、管理を容易に行えるようにする仕組みのこと。単にパッケージと呼ぶこともある。バンドル(Bundle)の一種である。

概要[編集]

NEXTSTEPOPENSTEPでも採用されているほか、Mac OS 9でもサポートしている(ただし、扱えないものもある)。

Finderは、パッケージ内部に配置されたプロパティリストと呼ばれるXMLの記述の通りにパッケージのアイコンや情報を割り当て、このパッケージをあたかも一つのファイルのように見せかける。そして、パッケージの最上位のフォルダを開こうとすると、中のプログラムが起動するようになっている。

アプリケーションをパッケージ化するには、アップルが提供する統合開発環境Xcodeに含まれるPackage Maker(PackageMaker.app)を用いる。拡張子は「pkg」。

その他[編集]

外部リンク[編集]