バンドル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

バンドル: bundle)とは、ある製品に対し別の製品が付属している状態で販売等をすること。反対はアンバンドル[1]

ソフトウェア[編集]

1969年に、IBMは大型コンピュータのハードウェア値段から、ソフトウェア値段とシステムエンジニアサービス値段とカスタマエンジニアサービス値段をアンバンドルした。それまでは、IBMはこれらすべてを含めた値段にしていた。これ以降、こうした様々な分野の会社の活躍が容易になったといわれている。

メーカー製パソコンに元々導入されているソフトウェアなどは「プリインストール」とも言う。バンドルされるソフトウェアには4通りあり

  • 製品として販売されている物がそのまま付属
  • 製品として販売されている物に対し機能制限されたものが付属
  • 製品として販売されていない、オリジナルの物
  • 製品として販売されている物の体験版

があげられる。

制限されていない物の場合は「製品版」、制限がかかっていたり、そのパソコン用に相性などのチェック、システムのカスタマイズがされているものを「バンドル版」などと呼ぶ。バンドル版の場合、製品版へのアップグレードを許している物も多い。

オンラインソフトウェアには、インストール時に他のソフトをインストールするように勧めるものがある。これもバンドルソフトウェアだが、その手法は迷惑アプリとみなされることがある[2]

バンドル例[編集]

  • タブレットとイラスト描画ソフトウェア
  • ビデオカメラと動画編集用ソフトウェア
  • ゲーム機とゲームソフト(もしくはゲームソフトのダウンロードコード)

脚注[編集]

  1. ^ : unbundle
  2. ^ 樽井秀人 (2017年10月4日). “迷惑アプリのバンドルインストールを防止する「Unchecky」v1.1 ~「Edge」にも対応”. 窓の杜. 2017年10月26日閲覧。

関連項目[編集]