Apple Public Source License

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Apple Public Source License
作者 Apple Inc.
バージョン 2.0
リリース日 2003年8月6日
DFSGとの適合性 No[1]
フリーソフトウェア Yes[2]
OSIの承認 Yes
GPLとの適合性 No[2]
コピーレフト Yes
異種ライセンスコード
からのリンク
Yes

Apple Public Source License(アップル パブリックソースライセンス、APSL)は、オープンソースライセンスとフリーソフトウェアライセンスの2つの性格を有するライセンスである。AppleDarwinはこのフリーソフトウェアライセンスの下に公開されている。両ライセンスはボランティアで管理されており、Darwinの多くを作り出したコミュニティと深い関係にある。

Apple Public Source Licenseのバージョン1.0はオープンソース・イニシアティブ(OSI)により承認された。2003年7月29日に公開されたバージョン2.0はフリーソフトウェア財団(FSF)のガイドラインに則って作成され、OSIに承認された。

FSFはApple Public Source License 2.0をフリーソフトウェアライセンスとして承認したが、それがGNU General Public License(GPL)と互換性がないこと、またその下で作成されたソフトウェアが全くのプロプライエタリ・ソフトウェアに転用可能であるためコピーレフトライセンスでないことを理由とし、既にそのライセンス下にあるソフトウェアプロジェクトを除いて、開発者たちにAPSLの下でソフトウェアを開発しないよう勧めている[3]

Bonjour Zeroconf スタックなど、アップルの多くのソフトウェアはより自由で論争の少ないApache License下に移転されているところである。

脚注[編集]

  1. ^ Apple Public Source License (APSL)”. The Big DFSG-compatible Licenses. Debian Project. 2009年7月6日閲覧。
  2. ^ a b Apple Public Source License (APSL), version 2.x”. Various Licenses and Comments about Them. Free Software Foundation. 2009年7月6日閲覧。
  3. ^ FSF website

外部リンク[編集]