2040年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
千年紀: 3千年紀
世紀: 20世紀 - 21世紀 - 22世紀
十年紀: 2020年代 2030年代 2040年代 2050年代 2060年代
: 2037年 2038年 2039年 2040年 2041年 2042年 2043年

2040年(2040 ねん)は、西暦グレゴリオ暦)による、日曜日から始まる閏年。この項目では、国際的な視点に基づいた2040年について記載する。

他の紀年法[編集]

カレンダー[編集]

1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29
3月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
5月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
6月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
8月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
9月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

できごと[編集]

フィクションのできごと[編集]

  • 4月 - 月面にある宇宙ステーションの職員が停電トラブルの調査を終えるが、発電システムに異常がないことが判明する。(『ネビュラ -エコーナイト-』)
  • 5月 - 宇宙ステーション内に原因不明の霧が出始める。(『ネビュラ -エコーナイト-』)
  • 6月 - 本社から宇宙ステーションに採掘作業を急ぐよう、命令書が届く。(『ネビュラ -エコーナイト-』)
  • ミューオニウム水素の安定した化合物が偶然作り出され、小型の低温核融合炉の建造が可能になる。(小説『2061年宇宙の旅』)[1]
  • 重力制御を利用した新航法システムを搭載した超深度宇宙探査船「イベント・ホライゾン号」が、処女航海の際に突如消息を絶つ。(映画『イベント・ホライゾン』)[2]
  • 対立の続くゼネラルリソース社とニューコム社がついに軍事衝突に至る。両社の全面戦争を防ぐため、中立組織であるUPEOが鎮圧に動く。(ゲーム『エースコンバット3 エレクトロスフィア』)
  • イカロス・シリーズによる外宇宙探査計画が開始され、有人探査船「イカロス-III」が太陽系外宇宙へ発進する。(小説『航空宇宙軍史』)[3][4]
  • この年からテレビが衰退する。(テレビドラマ『新スタートレック』第26話)
  • 新種の感染症・細胞硬化症に罹患した水原怜人たち男性5人が超AIによる特効薬開発に望みを託し、コールドスリープに入る。それから1年としないうちに発生した新種のウイルス・MKウイルスの感染爆発により、地球上の男性の99.9パーセントが死滅する。(漫画『終末のハーレム』)[5]
  • 2020年に地球を発進した恒星間自動探査船「クン・イン」が、アルファ・ケンタウリAの惑星「ケイロン」が居住可能惑星であることを発見する。(小説『断絶への航海』)[6]
  • ゲーム『プリズム◇リコレクション!』の舞台[7]

予測[編集]

  • 米国立大気研究センター(NCAR:The National Center for Atmospheric Research)は、早ければ2040年にも、夏の北極海に氷がほとんどなくなる可能性があるという研究成果を発表している[8]
  • 地球温暖化により関東平野がウンシュウミカン栽培の適地になると見込まれている[要出典]

脚注[編集]

注釈

出典

[ヘルプ]
  1. ^ アーサー・C・クラーク 『2061年宇宙の旅』 早川書房1995年、68頁。ISBN 978-4-15-011096-3
  2. ^ イベント・ホライゾン (1997) - Yahoo!映画。2016年1月6日閲覧。
  3. ^ 谷甲州航空宇宙軍史 仮装巡洋艦バシリスク』 早川書房、1985年、43 - 48頁。ISBN 978-4-15-030200-9
  4. ^ 谷甲州 『航空宇宙軍史 終わりなき索敵〔下〕』 早川書房、1996年、348頁。ISBN 978-4-15-030570-3
  5. ^ LINK(原作)/宵野コタロー(作画) 『終末のハーレム 第1巻』 集英社2016年、3 - 47頁。ISBN 978-4-08-880819-2
  6. ^ ジェイムズ・P・ホーガン 『断絶への航海』 早川書房、2005年、39・40・78頁。ISBN 978-4-15-011504-3
  7. ^ Story 物語 - 『プリズム◇リコレクション!』公式サイト(R-18)。2018年1月9日閲覧。
  8. ^ “Abrupt Ice Retreat Could Produce Ice-Free Arctic Summers by 2040 - Ne…”. UCAR. (2006年9月11日). オリジナル2012年8月5日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/yhzM 2018年10月2日閲覧。 

関連項目[編集]