Open Transport

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

Open Transport は、アップルUNIX System VSTREAMSを実装したものの名称。それまでのMacTCPを置き換えた。

Open TransportはMentat Portable Streamsという実装に基づいており、TCP/IPとシリアル通信を制御する[1]。さらに、アップルはこれにAppleTalkの実装も追加した。

歴史[編集]

Open Transportは1995年5月、Power Mac 9500で最初に採用された。System 7.5.2 に含まれ、PCIペースのPower Macの新製品向けにリリースされたが、その後古いハードウェアでも利用可能となった。PCIベースの新しいMacではMacTCPがサポートされていなかったが、古いシステムではMacTCPとOpen TransportをNetwork Software Selectorで切り替え可能になっていた。MacTCPにはない機能として、複数の設定を切り替えて使用可能だった。

Open Transportの評価は様々である。高速性と拡張性を評価する者もいたが、初期のOpen TransportのTCP/IP実装はバグが多く不評を買った。また、C++向けに設計されたAPIが問題にされることもあった(バイナリ互換問題)。Open Transportのアーキテクチャ(すなわち STREAMS)は、様々なプロトコルスタックを容易に追加できるのが特徴だが、TCP/IP があらゆる通信で使われるようになるにつれ、オーバースペックで複雑すぎる点が問題となっていった。

このため、Open TransportはmacOSへの移行時に捨てられることになった。macOSではより一般的なソケットが使われている。Open TransportはClassic環境で古いアプリケーションを使う際に限定的に使われている。

脚注[編集]

  1. ^ Apple Tech Note 1117 - Open Transport STREAMS FAQ