Numbers (ソフトウェア)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Numbers
開発元 Apple
初版 2007年8月7日 (15年前) (2007-08-07)
最新版
12.1 / 2022年6月21日 (3か月前) (2022-06-21)
対応OS

macOS Big Sur以降

iOS 14/iPadOS 14以降
種別 表計算
ライセンス プロプライエタリ
公式サイト apple.com/jp/iwork/numbers/
テンプレートを表示
Numbers for iCloud
開発元 Apple
最新版
September 2021 / 2021年9月28日
対応OS macOSWindowsウェブブラウザ Safari 9.1以降、Google Chrome 54以降、Firefox 45以降、Internet Explorer 11以降、Microsoft Edge[1]
種別 ワープロ / ページレイアウト
ライセンス プロプライエタリ
公式サイト Numbers for iCloud ヘルプ
テンプレートを表示

Numbers(ナンバーズ)は、Appleが開発している、macOS / iOS / iPadOS用の表計算ソフトである。2011年7月まで、KeynotePagesとともに、「iWork」という商品名でDVD-ROMがパッケージ販売されていたが、2011年8月以降Mac App Store及びApp Storeで単体として配付されている。また、2013年10月22日以降のMacおよびiOS機器の新規購入者に対しては無償で提供されている。

Excelなどの他の表計算ソフトウェアと異なり、1つの画面に複数の表を自由に配置できる強力なレイアウト機能が特徴である。

対応言語[編集]

日本語アラビア語イタリア語インドネシア語ウクライナ語オランダ語カタロニア語ギリシャ語クロアチア語スウェーデン語スペイン語スロバキア語タイ語チェコ語デンマーク語トルコ語ドイツ語、ノルウェー語ニーノシュクハンガリー語フィンランド語フランス語ヘブライベトナム語ポルトガル語ポーランドマレー語ルーマニア語ロシア語中国語英語韓国語

歴史[編集]

  • 2007年8月7日 - iWork '08 の一部として販売開始。
  • 2009年1月6日 - iWork '09 の一部として「Numbers '09(2.0)」の販売開始。
  • 2010年4月3日 - iWork for iPadのラインナップの一つとして「Numbers (1.0)」の販売開始。
  • 2011年5月31日 - iPad版がユニバーサルアプリケーション化し、iPhoneiPod touchにも対応。
  • 2013年10月22日 - Numbers 3.0.1 リリース
  • 2015年
    • 1月8日 - Numbers 3.5.2 リリース(互換:OS X Yosemite以降)
    • 4月21日 - Numbers 3.5.3 リリース
    • 10月 - iCloud版Numbers リリース[2] ベータ版から多数の機能改善と対応言語の増加がはかられている。
    • 11月11日 - Numbers 3.6.1 リリース、OS X El CapitanのSplit Viewへ対応
  • 2016年
    • 5月10日 - Numbers 3.6.2 リリース
    • 9月13日 - iOS 10のリリースに合わせ全面的な刷新により新機能へ対応、以降に販売されるiPhone、iPadへの無償添付・無償アップグレードを発表し、以前のユーザへは、iOS向けNumbers 3.0(¥1,200)の販売を開始。
      • リアルタイムで共同制作(ベータ版機能)
        • Mac、iPad、iPhone、およびiCloud.com上のNumbersでほかのユーザと同時にスプレッドシートを編集
        • スプレッドシートを公開してまたは特定の人と共有
        • 同じスプレッドシートで作業しているユーザを表示
        • 編集中の参加者のカーソルを表示
      • 12.9インチiPad Proのディスプレイの利点を引き出す新しいフォーマットパネル
      • ダウンロードの改善 – 作業時にのみiCloudからスプレッドシートをダウンロード
      • Wide Gamutイメージをサポート
      • キーボード操作の強化とキーボードショートカットの追加
    • 9月20日 - macOS Sierraのリリースに合わせNumbers 4.0 リリース。上記iOS向けNumbers 3.0同様の新機能へ対応。
    • 10月27日 - Numbers 4.0.5, iOS向けNumbers 3.0.5リリース
  • 2017年
    • 3月27日 - Numbers 4.1, iOS向けNumbers 3.1リリース[3]
    • 6月13日 - Numbers 4.2, iOS向けNumbers 3.2リリース
    • 9月19日 - Numbers 4.3, iOS向けNumbers 3.3リリース
    • 11月9日 - Numbers 4.3.1, iOS向けNumbers 3.3.1リリース
  • 2018年
    • 3月27日 - Numbers 5.0, iOS向けNumbers 4.0, Numbers for iCloud March 2018[2]リリース
    • 5月4日 - Numbers 5.0.1, iOS向けNumbers 4.0.1リリース
    • 6月15日 - Numbers 5.1, iOS向けNumbers 4.1, Numbers for iCloud June 2018[2]リリース
    • 9月17日 - Numbers 5.2, iOS向けNumbers 4.2, Numbers for iCloud September 2019[2]リリース
      • macOS Mojaveのダークモードサポート
      • スプレッドシート内で直接オーディオの録音・編集・再生をサポート
    • 11月7日 - Numbers 5.3, iOS向けNumbers 4.3リリース
  • 2019年
    • 3月29日 - Numbers 6.0, iOS向けNumbers 5.0, Numbers for iCloud March 2019[2]リリース
      • シェイプやテキストボックス内の縦書き入力に対応(日本語、中国語、韓国語)
      • 共同制作などiCloud対応向上
      • Excelやカンマ区切りファイルの読込み機能改善
    • 6月25日 - macOS High Sierra向けNumbers 6.1, iOS 11向けNumbers 5.1, Numbers for iCloud June 2019[2]リリース
    • 10月1日 - Numbers 6.2, iOS向けNumbers 5.2リリース
      • 大きな表を操作するときのパフォーマンス向上
      • オーディオ、ビデオ、および描画にアクセシビリティの説明を追加
      • 書き出されたPDFのアクセシビリティが改善
      • HEVC対応
      • iOS/iPadOS 13向け機能
        • ダークモードに対応
        • iPadOSで、複数のスペースやSplit Viewに対応
        • テキスト編集やナビゲーションジェスチャに対応
        • シート全体のスクリーンショットをキャプチャでマークアップし、PDFとして簡単に共有
        • USBドライブ、外部ハード・ドライブ、またはファイルサーバのファイルへのアクセス
        • VoiceOverを使用して、グラフの音声表現を聞く
        • ハードウェアキーボードでShiftキーまたはCommandキーを押して、複数のオブジェクトを選択できる
      • 11月14日 - macOS Mojave向けNumbers 6.2.1, iOS 12向けNumbers 5.2.1リリース
  • 2020年
    • 3月31日 - macOS Mojave, iOS 12, iPadOS 13向けNumbers 10.0, Numbers for iCloud March 2020[2]リリース
    • 7月9日 - Numbers 10.1, Numbers for iCloud July 2020[2]リリース
    • 9月22日 - macOS Catalina, iOS/ iPadOS 13.1向けNumbers 10.2, Numbers for iCloud September 2020[2]リリース
    • 11月12日 - macOS Catalina, iOS/iPadOS 13.1向けNumbers 10.3.5リリース
      • macOS Big Surに対応
      • 安定性およびパフォーマンスの向上
  • 2021年
    • 1月14日 - macOS Catalina, iOS/iPadOS 13.1向けNumbers 10.3.9リリース
      • 安定性およびパフォーマンスの向上
    • 3月23日 - macOS Catalina, iOS/iPadOS 13.1向けNumbers 11.0リリース
      • メディアブラウザで、検索オプション強化、“最近の項目”、“ポートレート”、“Live Photos”などコンテンツカテゴリを追加
      • 表のセル、テキストオブジェクト、および図形に電話番号のリンクを追加可能になる
      • AppleScriptで、書類のパスワードを変更したり、パスワードで保護された書類を開くことを可能になる
    • 6月1日 - macOS Catalina, iOS/iPadOS 13.1向けNumbers 11.1リリース
      • オブジェクト(形、線、イメージ、描画、テキストボックス)から、Webページ、メールアドレス、電話番号へリンク可能に
      • “スクールワーク” AppでKeynoteにアクティビティを割り当てると、単語数や費やされた時間などの生徒の進捗状況を表示する
      • 共有スプレッドシートでのフォームの共同制作に対応
    • 9月28日 - macOS Big Sur, iOS/iPadOS 14向けNumbers 11.2、Numbers for iCloud September 2021リリース
  • 2022年
    • 4月7日 - macOS Big Sur, iOS/iPadOS 14向けNumbers 12.0リリース
      • 数式、カテゴリ、非表示の値を含めず、表のセルのスナップショットをコピーする機能の追加
      • macOS Montereyのショートカットで、スプレッドシートを作成、開く、表に行を追加する機能追加
      • VoiceOverで数式を作成、自動入力でセルに入力する機能の追加
    • 6月21日 - macOS Big Sur, iOS/iPadOS 14向けNumbers 12.1リリース
      • 大きな表に行や列を挿入するときのパフォーマンス改善

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]