オフィススイート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

オフィススイート: Office suite)とは、デスクトップパソコンノートパソコンタブレットスマートフォンにインストールされて使用、または、クラウドサービスで使用する、オフィス業務に必要なソフトウェアをセットにした、ソフトウェアスイートの一種。スイートとは、「ひと揃え」という意味。より一般的にはオフィスソフト[1]とも呼ばれる。ワープロ表計算プレゼンテーションメールクライアント個人情報管理パブリッシングデータベースなどのアプリケーションが組み合わされる。

パーソナルコンピュータが職場や一般市民に広く普及する以前の1980年代後半~1990年代前半は、マイクロソフトアップルロータスコーレルジャストシステムなどがオフィススイートを開発・供給し、マイクロソフトWindows95のリリースにより、パーソナルコンピュータが職場や一般市民に広く普及した1990年代後半以後は、マイクロソフトのデスクトップOSであるWindowsと、オフィススイートであるMicrosoft Officeをバンドルプリインストールしたパーソナルコンピュータが大量に供給され、市場シェアが推定で90%台前半に達し、デファクトスタンダードになった。

2010年代以後は、オフィススイートをクラウドサービスで無料または有料サブスクリプションで利用する形式を、Google、マイクロソフト、アップル、IBM、Zohoなどが開発供給している。

2000年代まではオフィススイートの利用形式は、パーソナルコンピュータにバンドルプリインストールされたオフィススイートを利用する形式が主要な利用形式だったが、2010年代以後は個人としての使用・法人の業務としての利用でも、バンドルプリインストール版の利用と、クラウドサービスを無料または有料サブスクリプションで利用する形式の、二種類の形式が主要な利用形式になっている。

代表的なオフィススイート[編集]

かつて販売または配布されていたオフィススイート[編集]

その他[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ : Office software