Gnumeric

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Gnumeric
Gnumeric.svg
Gnumeric 1.8.1.png
Gnumeric 1.8.1
開発元 Gnumericプロジェクト
最新版 1.12.44 [1] / 2018年11月24日(12か月前) (2018-11-24
リポジトリ git.gnome.org/browse/gnumeric/
対応OS クロスプラットフォーム
種別 表計算ソフト
ライセンス GPL
公式サイト www.gnumeric.org
テンプレートを表示

Gnumeric(グニューメリック)は、フリー表計算ソフトで、GNOMEデスクトップの一部である。Microsoft Excelなどのプロプライエタリな表計算ソフトの代わりに使えることのみならず、この世で最高の表計算ソフトになることを目指している[2]

Gnumericはエクセル、XMLHTMLApplixQuattro ProPlanPerfectSylk、DIF、Oleo英語版SCOpenDocumentLotus 1-2-3など、さまざまなスプレッドシートフォーマットを読み書きすることができる。Gnumeric自身のフォーマットはgzip圧縮されたXMLである。

GnumericはGNOMEアプリケーションの中では最も充実したプラグインシステムを持ち、カスタム関数など、アドオンを作ることができる。またこのプラグインPerlPythonなどの言語で記述することもできる。

付属のssconvertコマンドでは、GnumericがサポートするフォーマットをGUIを起動することなしにコマンドラインだけで相互変換することができる。

1.12.17まではWin32アーキテクチャのバイナリもリリースしていたが、1.12.18以降はリリースされていない。[3]

GnumericはGNU GPLの元にリリースされている。

Microsoft Windows環境でのGnumeric[編集]

Gnumericのリリースは2014年8月までMicrosoft Windowsに移植されていた(現在の最新バージョンは1.10.16と1.12.17)[4]

MSYS2 on WIndowsをインストールすることは、現在においてGTK+ソフトウェアを使うのによい手段である。GTK 2.24.10と3.6.4がオンラインで利用可能である[5][6]64ビット環境のWindowsのためのGTKは、Tom Schoonjansによって準備されており、現在の例としては2.24.32と3.22.28がある[7]。これは新たな64ビットWindowsネイティブのバージョンのGnumericのスタートを可能としている。

Windows10におけるWSLの利用は新たな方法である。UbuntuDebianSUSEのようなLinuxディストリビューションMicrosoft Storeからインストールし、これにXmingのようなXサーバを組み合わせると、Gnumericのような多くのアプリケーションを直接動作させることができる。sudo apt-get install gnumericは、Ubuntuでこれを利用するためのコマンドである[8]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]