Lotus Symphony

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Lotus Symphony
開発元 IBM
初版 2007年9月18日 (2007-09-18)[1]
最新版
3.0.1 / 2012年1月18日 (9年前) (2012-01-18)
対応OS Linux / Mac OS X / Windows
サポート状況 開発停止
種別 オフィススイート
ライセンス プロプライエタリ(フリーウェア)
公式サイト IBM Lotus Symphony
テンプレートを表示

Lotus Symphonyロータス シンフォニー)は、2007年にIBMが発売したオフィススイートである。後に無償提供となり、2013年にApacheソフトウェア財団に寄贈し開発終了した。

Lotus Symphonyは、ワープロソフトの Lotus Symphony Documents、表計算ソフトの Lotus Symphony Spreadsheets、プレゼンテーションソフトの Lotus Symphony Presentation から構成され、OpenOffice.orgとほぼ同等の機能を備え、英語・日本語・フランス語・中国語など26カ国語に対応した。

OpenOffice.orgとEclipseを基にIBMが改良した製品で、各種プラグイン用の開発キットも提供された。

2011年7月14日、IBMはLotus SymphonyのソースコードをApache OpenOfficeプロジェクトへ寄贈することを発表[2]2013年の初頭には既在の使用者にIBM版Apache OpenOfficeへの移行を促す発表がされ[3]、開発は事実上終了した。

特徴[編集]

対応OS[編集]

Lotus Symphonyは、下記のオペレーティングシステム (OS) において動作する。[4]

開発[編集]

バージョン 3.0
2010年10月21日、OpenOffice.org 3のソースコードに基づくバージョン 3.0をリリース[5]VBAスクリプトおよびODF 1.2標準、Office 2007 OLEに対応した[6]
バージョン 3.0.1
2012年1月18日、バージョン 3.0.1をリリース[7]。いくつかの不具合が修正された[8]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ IBM Releases Office Desktop Software at No Charge to Foster Collaboration and Innovation”. IBM Corporation (2007年9月18日). 2010年10月29日閲覧。
  2. ^ IBM Donates Lotus Symphony Source Code to the Apache OpenOffice Project” (英語). IBM Corporation (2011年7月14日). 2011年8月17日閲覧。
  3. ^ Buzzmaster1 (2012年2月3日). “IBM's plans for the future of Lotus Symphony combining the best of Lotus Symphony with the new Apache OpenOffice Project.” (英語). 2012年2月19日閲覧。
  4. ^ IBM Lotus Symphony - Installation Guide”. IBM Corporation (2010年). 2010年10月29日閲覧。
  5. ^ Lotus Symphony Version 3 is NOW AVAILABLE”. IBM Corporation (2010年10月21日). 2010年10月29日閲覧。
  6. ^ IBM Lotus Symphony リリース・ノート”. IBM Corporation (2010年). 2010年10月29日閲覧。
  7. ^ Lotus Symphony 3.0.1 is HERE !!!!!”. IBM Corporation (2012年1月18日). 2012年2月2日閲覧。
  8. ^ IBM Lotus Symphony Release Notes”. IBM Corporation (2012年1月18日). 2012年2月2日閲覧。

外部リンク[編集]