Pages

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Pages
開発元 アップル
最新版 6.3.1(2017年11月9日macOS Sierra
3.3.1(2017年11月9日iOS 11
対応OS macOS Sierra以降/iOS 10以降
種別 ワープロ / ページレイアウト
ライセンス プロプライエタリ
公式サイト Pages
テンプレートを表示
Pages for iCloud
開発元 アップル
対応OS macOSWindowsウェブブラウザ Safari 9以降、Google Chrome 50以降、Internet Explorer 11以降[1]
種別 ワープロ / ページレイアウト
ライセンス プロプライエタリ
公式サイト http://www.apple.com/jp/iwork-for-icloud/
テンプレートを表示

Pages(ページズ)は、アップルが開発している、macOS/iOS用のワードプロセッサ及びページレイアウトアプリケーションである。プレゼンテーションソフト「Keynote」や表計算ソフト「Numbers」と共に、オフィススイートiWork」を構成する。2011年7月まで、KeynoteやNumbersと共に、「iWork」という商品名でDVD-ROMがパッケージ販売されていたが、2011年8月以降Mac App Store及びApp Storeで単体としてダウンロード販売されている。 また、2013年10月22日以降のMacおよびiOS機器の新規購入者に対しては無償で提供されている。

2013年よりベータ版として提供されていたPages for iCloud[2]が、2015年10月に正式にリリースされている[3]

特徴[編集]

  • Microsoft WordAppleWorksのワープロ機能などで作成した書類を読み書きできる。PDFリッチテキストHTMLePubなどへの書き出し機能をそなえる。
  • ページレイアウトモードとワープロモードを切り替えて使うことができ、直感的なレイアウトができる。
  • あらかじめ多数のテンプレートが用意されており、テンプレート内の画像やテキストを変更することによって、簡単に美しい書類を作成することができる。
  • 表計算や3Dグラフ表示、写真のレタッチ、ベジェ曲線や図形の描画機能なども実装しており、ワープロ・ページレイアウトソフトとしては強力な描画機能を持っている。
  • 縦書きに非対応(テキストボックスを2行未満にすることで、文字を縦に配置することは可能)である。(AppleWorksMac OS X Lion以降に付属するテキストエディットは縦書きに対応)

対応言語[編集]

日本語アラビア語イタリア語インドネシア語ウクライナ語オランダ語カタロニア語ギリシャ語クロアチア語スウェーデン語スペイン語スロバキア語タイ語チェコ語デンマーク語トルコ語ドイツ語ノルウェー語ニーノシュクハンガリー語フィンランド語フランス語ヘブライベトナム語ポルトガル語ポーランド語マレー語ルーマニア語ロシア語簡体字中国語繁体字英語韓国語

歴史[編集]

  • 2005年1月12日 - 「Pages 1.0」発表[4]
  • 2005年2月 - 「iWork '05」の一部として、「Pages 1.0」販売開始。
  • 2006年1月10日 - 「iWork '06」の一部として、「Pages 2.0」の販売開始[5]
  • 2007年8月7日 - 「iWork '08」の一部として、「Pages 3.0」の販売開始[6]
  • 2009年1月7日 - 「iWork '09」の一部として、「Pages 4.0」の販売開始[7]
  • 2010年4月3日 - iWork for iPadのラインナップの一つとして「Pages(1.0)」の販売開始。
  • 2011年5月31日 - iPad版がユニバーサルアプリケーション化し、iPhoneiPod touchにも対応。
  • 2011年7月20日 - Mac OS X Lionのリリースに合わせ、オートセーブやバージョン等Lionの新機能へ対応する「Pages 4.1」の販売開始。
  • 2012年7月24日 - Pages 4.2リリース。OS X Mountain Lionの、iCloud、音声入力、Retina ディスプレイのサポート追加[8]
  • 2012年12月4日 - Pages 4.3リリース[9]
  • 2013年10月22日 - UIを刷新したOS X版「Pages 5.0」とiOS版「Pages 2.0」の提供開始。以降、新規Mac, iOS機器ユーザに対しては無償で提供される。
  • 2014年1月23日 - Pages 5.1リリース。
  • 2015年1月8日 - Pages 5.5.2リリース。
  • 2016年5月10日 - Pages 5.6.2リリース。
  • 2016年9月13日 - iOS 10のリリースに合わせ全面的な刷新により新機能へ対応、以降に販売されるiPhone, iPadへの無償添付・無償アップグレードを発表し、以前のユーザへは、iOS向けPages 3.0(¥1,200)の販売を開始。
    • リアルタイムで共同制作(ベータ版機能)
      • Mac、iPad、iPhone、およびiCloud.com上のPagesでほかのユーザと同時に書類を編集
      • 書類を公開してまたは特定の人と共有
      • 同じ書類で作業しているユーザを表示
      • 編集中の参加者のカーソルを表示
    • 12.9インチiPad Proのディスプレイの利点を引き出す新しいフォーマットパネル
    • ダウンロードの改善 – 作業時にのみiCloudから書類をダウンロード
    • Pages ’05の書類を開いて編集
    • Wide Gamutイメージをサポート
    • キーボード操作の強化とキーボードショートカットの追加
  • 2016年9月20日 - macOS Sierraのリリースに合わせPages 6.0リリース。上記iOS向けPages 3.0同様の新機能へ対応。
  • 2017年3月27日 - macOS Sierra向けPages 6.1、iOS 10向けPages 3.1リリース。
  • 2017年6月13日 - macOS Sierra向けPages 6.2、iOS 10向けPages 3.2リリース。
  • 2017年9月19日 -
    • macOS Sierra向けPages 6.3
    • iOS 11向けPages 3.3リリース
      • 書類マネージャのデザイン変更により、iCloud Drive等に保存されたファイルへのアクセス改善
      • iPadで、Pagesとその他のAppとの間でテキストや画像などをドラッグ&ドロップ対応
      • iPadで、Slide Over、Split View、新しいDockで、作業効率的改善
      • ファイルAppでの迅速な書類アクセス
      • “結合”、“交差”、“減算”、“除外”コマンドを使用して、新しい図形を作成可能に
      • “配置”、“均等に配置”、“垂直方向に反転”、“水平方向に反転”コマンドでのすばやい並べ替え
      • 図形ライブラリからの複雑な図形向けに“分割”コマンドがサポート
      • トリプル・タップ・ジェスチャでテキストの段落を選択可能に
      • PDF書き出しの改善により、書類の目次をPDFビューアAppのサイドバーに表示できる
      • パフォーマンスおよび安定性が向上

macOS版のバージョン[編集]

バージョン No. 対応OS ver. リリース日 備考
1.0 10.3.6 2005年2月 最初のリリース。
1.0.1 2005年3月17日
1.0.2 2005年5月25日
2.0 10.3.9 2006年1月10日 テンプレート追加。「テーブル計算」と「画像マスキング」の機能追加。
2.0.1 10.3.9 2006年4月26日
2.0.1v2 10.3.9 2006年5月1日
3.0 10.4.10 2007年8月7日
3.0.1 10.4.10 2007年9月27日 Office Open XMLに対応
3.0.2 10.4.10 2008年1月29日
4.0 10.4.11 2009年1月6日 フルスクリーン表示、アウトラインモードを追加。EndNoteおよびMathTypeとの連係機能を追加。
4.0.1 10.5.6 2009年3月26日
4.0.2 10.5.6 2009年5月29日
4.0.3 10.5.6 2009年9月29日
4.0.4 10.5.6 2010年8月27日
4.0.5 10.5.6 2011年1月5日
4.1 10.6.6 2011年7月20日 Mac OS X Lionに合わせ、フルスクリーン、オートセーブやバージョン等の新機能へ対応
4.2 10.7.4 2012年7月25日
4.3 10.7.4 2012年12月4日 Pages for iOS 1.7に対応
5.0 10.9 2013年10月22日 iCloudを通してMacやiOS機器との間でファイル同期が可能になる
5.0.1 10.9 2013年11月21日
5.1 10.9 2014年1月24日 縦方向のルーラ、パスワードで保護された書類の扱い改善、セキュリティアップデート[10]
5.2 10.9 2014年4月1日
5.5 10.10 2014年10月16日 OS X Yosemiteへ合わせたデザイン、Handoff、 iCloud Driveのサポート等
5.6.1 10.10.4 2015年11月11日 OS X El CapitanのSplit Viewに対応、安定性およびパフォーマンスの向上等
5.6.2 10.10.4 2016年5月10日
6.0 10.11.6 2016年9月20日 リアルタイムで共同制作(ベータ版)、Pages ’05の書類を開いて編集、Wide Gamutイメージをサポート
6.0.5 10.11.6 2016年10月27日 Touch Barのサポート、安定性およびパフォーマンスの向上
6.1 10.12 2017年3月27日 パスワード付きファイルへのTouch IDのサポート、安定性およびパフォーマンスの向上
6.2 10.12 2017年6月13日 コメントでスレッド形式の会話、テキストボックス間リンクでテキスト移動、自動修正オプション強化
6.3 10.12 2017年9月19日 目次をPDFビューアのサイドビューに表示出来るように書き出し機能改善、安定性およびパフォーマンスの向上
6.3.1 10.12 2017年11月9日

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]