StarSuite

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
StarSuite
開発元 サン・マイクロシステムズ
最新版 9 / 2008年11月17日
対応OS Windows, Mac OS X, Linux, Solaris OS
プラットフォーム クロスプラットフォーム
対応言語 日本語
サポート状況 販売停止
種別 オフィススイート
テンプレートを表示

StarSuite(スター・スイート)は、サン・マイクロシステムズオフィススイートの名称である。

アジア以外においては、StarOffice(スター・オフィス)という名称で販売されていた。これは、日本コンピュータプログラムおよびソフトウェアを扱う第9類において、「StarOffice」が日本電気商標として既に登録(第4005625号)されていたため、StarSuiteという名称で販売されていた。

オラクルのサン・マイクロシステムズ買収により、Oracle Open Office (オラクル・オープン・オフィス)へ名称が変更された後、販売終了が発表され、日本国内においても販売が終了している。

概要[編集]

もともとはドイツのスター・ディビジョンが開発・販売していたが、同社はサン・マイクロシステムズによって買収されたことにより、当時のバージョン、StarOffice 5.2 が無償で公開された。

その後、ソースコードを公開し、OpenOffice.org(オープン・オフィス・オルグ)プロジェクトを立ち上げ、オープンソースによる開発を開始した。また、StarOffice は有償販売を再開し、OpenOffice.org の成果をもとに独自ビルドを作成し、フォントテンプレートのほか、データベースなどのアプリケーションを付加したものだった。

2007年8月からは、グーグルGoogle パックの一つとして、StarSuite 8 の無償配布を行っていた。

2008年11月に StarSuite 9 が登場すると、グーグルによる配布が終了し、Googleアップデータのインストール済みソフトウェアのリストからも自動的に削除されたが、StarSuite 8 のヘルプメニューの更新確認で、「StarSuite 8 は最新」とだけ表示され続けた。

StarSuite 8からOpenOffice.org 3(最新版)に、ユーザー設定を引き継ぐことができる。

オラクルによるサン・マイクロシステムズ買収後、Oracle Open Office へ名称が変更された。その後の2011年4月15日に、販売の打ち切りが発表された。

日本国内ではソースネクストとジャングルが OpenOffice.org の最新版より古い StarSuite 9 の販売を継続していたが、2011年の終わり頃をもってそれぞれの会社が販売を終了した。

構成[編集]

ワープロソフトWriter(ライター)、表計算ソフトCalc(カルク)、プレゼンテーションソフトImpress(インプレス)、描画ソフトの Draw(ドロー)、データベースBase(ベース)などである。マクロ言語として StarSuite BASIC を内蔵している。また、PDFの作成機能もある。

関連項目[編集]