ネットワーク・インフォメーション・サービス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ネットワーク・インフォメーション・サービス(Network Information ServiceNIS)は、サン・マイクロシステムズにより開発された、ネットワーク上のコンピュータ間でユーザのアカウント情報やホスト名の情報などを共有し、配布するためのシステムである。初期は、電話帳を意味する「イエローページ」という名前であったが、商標などの問題から改名された。その名残でNISのコマンド名は、ypで始まる。

NISはクライアントサーバ型のディレクトリサービスプロトコルの一種であり、アカウント情報やホスト名情報以外にも、複数のコンピュータで共有すべき各種情報を一元管理することが可能である。

NISのライセンスは他のUNIXベンダーにも提供されている。異なるプラットフォームが混在した環境での運用も可能である。

後継としてセキュリティを強化したNIS+が開発されたが、こちらは普及せず消滅の方向にある。

NISのコマンド[編集]

  • ypinit
NISサーバ、クライアントの初期化
  • ypcat
NISマップの一覧表示
  • ypmatch
NISマップの特定のエントリの検索
  • ypwhich
NISサーバ名の表示

関連項目[編集]