SPARC Enterprise

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

SPARC Enterpriseサン・マイクロシステムズ(現オラクル)と富士通が共同で開発したUNIXサーバである。 Solaris 10 OS が動作する。開発コード名は APL(Advanced Product Line)。

概要[編集]

SPARC Enterprise は2004年6月1日にサン・マイクロシステムズと富士通でSolarisとSPARCを搭載したサーバの製品ラインを統合するという発表を行い、開発されたサーバである。サンのSun Fireと富士通のPRIMEPOWERのそれぞれの後継にあたる。

MシリーズのCPUには富士通のデュアルコア、クアッドコアのSPARC64 VI/VIIを搭載し、TシリーズのCPUにはサン・マイクロシステムズのUltraSPARC T1/T2/T2 Plusを搭載している。

製品群[編集]

Mシリーズ[編集]

SPARC64 VI/VIIを搭載したサーバ。

  • M9000 - 最大64CPU/256コア, フロアスタンド
  • M8000 - 最大16CPU/64コア, フロアスタンド
  • M5000 - 最大8CPU/32コア, ラックマウント(10U)
  • M4000 - 最大4CPU/16コア, ラックマウント(6U)
  • M3000 - 最大1CPU/4コア,2コア, ラックマウント(2U)

Tシリーズ[編集]

サンのUltraSPARC T1/T2/T2 Plusを搭載したサーバ。

  • T5440 - 4CPU/32コア, ラックマウント(4U)
  • T5240 - 2CPU/16コア, ラックマウント(2U)
  • T5140 - 2CPU/16コア, ラックマウント(1U)
  • T5220 - 1CPU/8コア, ラックマウント(2U)
  • T5120 - 1CPU/8コア, ラックマウント(1U)
  • T2000 - 1CPU/8コア, ラックマウント(2U)
  • T1000 - 1CPU/8コア, ラックマウント(1U)

外部リンク[編集]